A Fun Wedding Reception

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの東郷です。

最近はお昼と夜の気温差が激しい気がします...。
私の周りでも、気温差で体調を崩されている方を多く見かけます(汗)。

皆様も風邪など引かれませんよう、お気を付けください。


もう先月のことですが、親戚の結婚式に出席するために
ニューヨークに行って来ました。

今回は結婚式に出席することが目的だったので
観光は全くできませんでしたが、
日本の結婚式とは一味違う雰囲気を味わうことができたので、
それだけでとても楽しかったです。

ニューヨークには去年の冬に初めて訪れ、
wedding-insurance-rated-450943.jpg
今回で2度目でした。

前回行った時は2月だったので、
一番寒い日はマイナス16℃まで気温が下がりました(汗)。

去年は観光で2週間ほど滞在しましたが、外が寒すぎて
最後の何日間は全く外に出ることが出来ませんでした(笑)。

ですが、タイムズスクエアなどの
普段は観光客でいっぱいの所でも、
真冬の時期は全く混んでいなかったので、
観光名所にいくなら冬はおススメです!(笑)

今回は10月で滞在中はとても過ごしやすい天気でしたので、
冬とは大違いでどこに行っても
地元の人と観光客でいっぱいでした。

結婚式は夜の19時からだったので
18時頃にタクシーを拾おうとすると全く捕まらず、
なんとか捕まえても式場に向かうまでに渋滞に引っかかり(汗)...。
ニューヨークのラッシュをナメていました...。

式場まではタイムズスクエアなども
通らなければならなかったので、
土曜の18時に渋滞していない訳がありませんよね(笑)。

なんとかギリギリ間に合い、
式は19時から、その後20時頃から披露宴が始まり、
なんと披露宴は夜中の2時頃まで続きました(笑)。

日本では朝から夕方にかけて式をするイメージだったので、
最初開始時間を聞いた時は驚きました...。

結婚式というと、親の元から離れていく、お別れのような
感動的なシーンが沢山出てくると思っていたのですが、
今回の結婚式には色々な国の方たちが各国からいらっしゃっていたので、
国際色豊かで感動的というよりも新鮮な気持ちになり、とても楽しむことが出来ました。

手紙を読むときのような、
日本の結婚式ではみんな涙を流してしまうシーンでも
手紙を読む本人達がジョークを連発していたので、
式と披露宴の最中に涙を流している人は一人も見かけませんでした(笑)。

私はいつも結婚式のような感動的な場では
必ずと言っていい程もらい泣きしてしまうのですが、
たまには笑いの絶えない結婚式も素敵だなと感じました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/306

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2017年11月 9日 18:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Happy Halloween」です。

次のブログ記事は「 習い事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。