東京モーターショー2017

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
11月ももう半ば。暦の上ではもう冬、朝晩はぐっと寒くなってきました。
あったかい食べ物がおいしい季節ですね。

先日の三連休に東京モーターショーに行ってきました。
モーターショーは2年に1回の開催されている自動車メーカーやパーツメーカーが出展するショーで、クルマ好きにはたまらないイベントです。
海外でも主要都市で開催されています。
昨今若者のクルマ離れが話題になっていますが、会場の東京ビッグサイトは子供たちや若者から高齢の方までたくさんの来場者でごった返していました。

日本の自動車メーカー以外にも海外(ドイツが大半ですが)メーカーの出展もあり、ショーで初めて一般にお披露目されるクルマもあります。
コンセプトカーといって、実際に市販はしませんが、メーカーの今後のクルマ造りの方向性をアピールするモデルも展示されるので興味をそそられます。
残念に思ったのは、各メーカーで新たなスポーツカーの展示がほとんど無かったことと、フェラーリやランボルギーニ、アルファロメオなどのイタリアメーカーが不参加だったことです。

展示場は3つのフロアに分けられており、全部をざっと回ってみたところ、どうやらクルマの今後のトレンドは電気自動車になるのは間違いなさそうです。
自動車が発明されてから、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、燃料電池などいろんな動力源が考え出されてきましたが、どのメーカーも電気自動車に大きく舵を切ったような印象を受けました。
日産のリーフなど、すでに実用化されていますが、電気自動車は化石燃料を燃やさないので、排ガスが出ませんし、パワーもあり、航続距離も伸びてきているので、次世代のクルマには最適なんでしょう。
ずっとガソリンエンジンのクルマに乗ってきた者としては、一抹の寂しさを感じます。

自動運転の技術ももどんどん進化してきているので、近い将来、完全自動運転のクルマも実用化されると思いますが、クルマ好きとしては、自分で運転する楽しみも残しておいてほしいと願っています。

モーターショー.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/308

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2017年11月16日 13:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 習い事」です。

次のブログ記事は「今年も残り1ヶ月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。