姿なき侵入者 (unseen invader)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、翻訳 ACN の櫻井です。hakubishin.jpg
6 月になりました。先月 5 月は各地で月間最高気温更新のニュースが続いていましたね。
季節はまさしく夏。小さな畑を借りて野菜を作っておりますが、
時々水を撒きにいかないと折角手塩にかけて育ててきた野菜たちが枯れてしまいます。
夏の野菜作りは太陽との闘い、そう、いたちごっこ (cat-and-mouse game) です。

さて、近年クマやシカ、イノシシが彼らも生きるために人家周辺に姿を現し、
その対策に住民が苦慮しているという話をニュース等でよく耳にします。
実は我が家も今、こちらは見えない敵と格闘しております。

ある朝、それは妻の悲鳴とともに発見されました。
「キャー、早く来て来て来てーぇ。」
その悲鳴に 1 階から駆け上がって行くと、ありました。
物的証拠は10 センチくらいの長さの真っ黒い物体が2本。
一目で動物の糞と想像できる塊です。
(糞を数える単位は正しいのか・・・笑)、
なんと 2 階のベランダで見つかりました。

よく観察するとビワやグミのような植物のタネが含まれています。
ビワはちょうどいい感じで黄色く色づいてきた時節ですので、
その謎の生物には、おそらく好物の一つなのでしょう。
実はこの我が家のビワの木、植えた覚えは全くなく、おそらく鳥か、こんな風に糞として、
運ばれてきて勝手に根付いて、勝手に大木になってしまったのでした。

でもなぜ、わざわざビワの木から数メートルも離れた建物のしかも二階にあるベランダに来るのか。
そのベランダには確かに、ブドウ棚がありますがブドウはまだ花が咲いたばかりで、
実が成りだすにはあと 2 か月ほど掛かります。
ブドウの生育具合でもチェックしに来たのか、はたまた腹いっぱいで、うたた寝気分でしょうか。

最初、正体はネコかとも思いました。ネコなら人の家のベランダで、
昼寝でもするかもしれません。ただし、ネコがビワを好んで食べるとは聞いたことがありません。
ネズミは我が家にたくさん潜んでいます(笑)が、それにしては糞が大きすぎる気がします。

とりあえずネットで検索したりして、情報を総合してみるとイタチかハクビシンではないか
という結論になりました。

最近都会にも、イタチや、外来種であるハクビシンが出没するということでした。
特にハクビシンに家の中に入られたら、そこら中糞まみれになって
大変なことになるとのことです。気を付けましょう。

とりあえず、ネズミが食べると死ぬという結構な劇薬をベランダにおいてみました。
数日後に糞発見、利きません。

灯油のにおいが嫌いとのことで、朽ちた木の枝に灯油を滲みこませて置いてみました。
数日後、また糞発見!灯油が蒸発して乾いたからか効果は不明。

そこで糞を何枚か写真に撮ってホームセンターに行き、お店の人に見てもらいました。
的を射た回答は得られませんでしたが、
とりあえずイタチ退治剤なるものがあり、それを購入。
現在それにて効果測定中。itachi.jpg

鳥ならまだしも、気持ち悪くて、洗濯物をベランダに干す気になれませんから、
防犯カメラや、センサー検知で点灯するライトでも設置するか・・・。
獣糞にはまいりました。

でも翌朝、イタチかハクビシンがベランダにそのまま、本当に転がっていたら・・・、
どうしましょう!?・・・考えただけでもとても恐ろしい光景です。
さて、この姿なき敵とのいたちごっこ、
その正体を突きとめることは果たしてできるのか、闘いの結末やいかに?

お食事中の方には、フンだり蹴ったりな話で大変失礼いたしました。

(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/275

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2017年6月 1日 10:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Fast&Furious 8」です。

次のブログ記事は「Get Burned」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。