交換留学生(exchange student)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。翻訳ACN の櫻井です。fe34c357-b77c-41e7-a18d-d6ba788bc55c.jpg

3月です。我が家ではまだお雛様をしまっておりません。
この週末こそしまわないと、五月人形と一緒になりかねませんし、
娘の婚期が遅れるかもしれません(笑)・・・。

さて、高校時代に交換留学生の受け入れを親が勝手にきめてきまして、
我が家にオーストラリア人(Aussie)の青年が1か月、我が家に滞在しました。
年がばれますが当時は東京ディズニーランドが開園したり、故郷のつくばで万博があったころです。

あれから何十年も時が流れて、お互いに日本とオーストラリアを行き来してきましたが、
今回、その彼のお兄さん夫婦が結婚30年のお祝いで初めて日本を訪れることになりました。
30年も関係が続き、うちの親も喜んでいます。

時期は今年の黄金週間を挟んだ約2週間です。
前半の1週間は、夫婦水入らずで、京都、大阪、奈良を巡るそうで、
後半の1週間を我が家で過ごします。

さてさて、そして大慌てです。

まず久々のAussie Englishに対応できるかどうか、早速YouTubeなどで、
オーストラリア英語に類する投稿ビデオを見まくり、聞きまくっています。
昼休憩の間も、会社のパソコンで英語の聞き流しをしています。

タイムリミットはあと40日程度。翻訳の仕事をしていますが、会話の方は、全然だめです。
子どもたちは会話の練習になるから楽しみと言って喜んでいますが、
こちらは、はやり彼らの期待にそえるように必死です。

彼らに再会したときには、英語うまくなったじゃんと言われたいので・・・。

朝起きたら、ラジオをつけて英語、通勤電車のなかでも英語、
会社の昼休みも英語、深夜の英語の映画は字幕(subtitle)なしの英語だけ。
英語、英語、英語。

語学はやはり、何か目的、目標があるとモチベーションになるといわれますが、
まさに今の自分がそうです。
彼らの希望をいろいろ聞きながら、
旅の行程(itinerary)も作成しなくてはなりません。

とりあえず、英語のガイド付きはとバスツアー、浅草、スカイツリー、いちご狩り、
日光、箱根、・・・。

いっぱい詰め込みすぎて過密スケジュール(hectic schedule)になりはしないか、
心配ですが、でも考えるのは楽しいです。

では、また。
(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/260

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2017年3月16日 15:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「シン・ゴジラ」の「シン」て?」です。

次のブログ記事は「変わらないもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。