統計から・・・ (learning through statistics)

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆さん、こんにちは。翻訳 ACN の櫻井です。london_blackcab_001.jpg

先月末、東京23区と武蔵野市、三鷹市のタクシー料金 (taxi fare) が初乗り410円になりました。
ずいぶん安くするんだなと思ったら、からくりがあるようですね。
改定前は、初乗り2.0kmまで730円、その後280m毎に90円が加算されました。
それが初乗りで、1.052kmまで410円、その後237m毎に80円加算になりました。

初乗り金額の数値だけ見ると、びっくりします。
現在の体系よりも明らかに値上げとなるのは6.5キロ以上。
6.5キロ走ると2330円となり、現状よりも70円ほど割高になります。
つまり約1.7キロまでは値下げになり、6.5キロ以上は値上げになります。

これに従って、我が家はというと最寄り駅までは、1.8km、微妙な距離です。
いままで730円でしたが、この料金体系になってから、4回ほど乗りました。
1回だけ710円で、あとはすべて650円でした。ほぼ計算どおり実際に値下げ区間でした。

そこでさらに統計をとってみようと思い立ち、
タクシーに乗ると同じ質問をタクシー運転手にしています。
運転手さんは、4回とも違う人物でした。

「新しい料金になってどうですか?」
現時点で1名が「あまり変わらないですね。」
1名が「前より高くなっちゃって悪いなぁ。」
2名が「(収入)激減です。」「最悪です。」
という回答でした。

「あまり変わらないですね。」と答えた方は、
おそらく近場ルートと、2キロ以上のルートを満遍なくこなしているドライバーでしょう。
「前より高くなっちゃって悪いなぁ。」という方は、
おそらく長距離を中心にこなしているドライバーと思われます。
あとの2名は、おそらく駅前中心に近隣を縄張りとされている方と推察します。

でも、ドライバーの皆さん、異口同音におっしゃっていたのは、
「(安くしても)乗らない人は乗らないんだよね。」ということでした。

まだ母数が4名と小さいので、タクシーに乗ったら、
同じ質問を今後も継続してみたいと思っております。

2014年とちょっと古い統計データですが、1,000円あれば、
タクシーでどこまで行けるか選手権。
taxi.jpg
栄えある第1位は、インド(デリー)の、約86キロ。
2位は、タイ(バンコク)の約55キロ、3位はメキシコ(メキシコシティ)の約46キロと続きます。
日本はイタリアの次の25位で2.896キロ。
ちなみに、アメリカ合衆国(ニューヨーク)は、8.4キロだそうです。意外に結構な距離ですね。

データはあくまで距離換算の参考値ですが、それにしてもインドはフルマラソン(42.195キロ)を2回やった距離でもお釣りが来るんですね・・・。
現在は経済成長著しく、もうハーフマラソンくらいになっているかもしれませんが・・・。

では、また。

(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/255

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2017年2月16日 15:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「寒い週末の過ごし方」です。

次のブログ記事は「Protein できれいに痩せる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。