Pro bono

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
10月です・・・。もう10月です。
30度超えの日がまだあるし、秋らしさを肌で感じられていませんが、もう10月です。
drop_dead_diva_6.png
気がつけば残り3か月・・・。
言いたくないですが(笑)、あっという間です。

最近流行りつつある、ファイティングエクササイズを私も始めました。
私が参加しているのは、Group Fight というプログラムです。
アメリカ、カナダ、日本はじめ60ヶ国以上で実施されている世界共通のプログラムだそうで、
総合格闘技をはじめ、ボクシング、ムエタイ等、様々な格闘技の動きが組み合わされたプログラムを
音楽に合わせて行います。

45分間、常に手も足も動いている状態です・・・尋常じゃなく疲れ果てます(笑)
滝のように流れる汗がまた気持ち良いのと、全身をもれなく使うので、筋トレ&有酸素のような効果もあってお勧めです!

リラックス時間には、海外ドラマなど良く見るのですが、
最近は動画配信サイトがあるので、スマホでどこでも見られますよね。

海外ドラマは、良い英語の勉強にもなります。
気になる単語があるとメモって調べたりもします。

最近では、「Drop Dead Diva(邦題:私はラブ・リーガル)」を見ています。

交通事故で死んでしまった女性の魂が別の体で生き続けるという
一歩間違えれば、ドン引きしそうな設定のドラマなのですが、
弁護士のお話で、1つの事件が解決されるたびスカッとする気持ちいいドラマです。

弁護士のドラマは専門用語も多いし、みんな早口だし、
英語を追いかけるのが大変なのですが、このドラマは比較的聞き取りやすいと思います。

例えば、ドラマの中で「Pro bono」という言葉が良く出てきます。
何か弁護士用語なのかな、と思っていると、
これは、ラテン語で「公共善のために」を意味する pro bono publico の略で、
各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティア活動全般のことを言うのだそうです。

"Pro bono case" は、ドラマの中では、「無料法律相談」と訳されています。

あと良く出てくるのは、"subpoena" という言葉です。

発音は「サピーナ」です。

これもラテン語から来ている単語で、「召喚令状」という意味です。
まあ、日常生活ではあまり使わないと思いますが、弁護士のドラマや映画では本当に良く聞く単語です。


I'll see you in court.
(法廷で会いましょう)

とスマートに笑顔で闘う相手にいう姿はカッコいいです。
ちょっとスカッとしたい気分の時に、ぜひおすすめのドラマです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/231

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年10月 6日 16:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Endeavour」です。

次のブログ記事は「神無月のころ 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。