神無月のころ 

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。キンモクセイ081011b-l.jpg
翻訳 ACN の櫻井です。

It's getting colder and colder.
ここ数日東京も急に肌寒くなってきました。慌てて衣替えをしたところです。
寒くなってきたからでしょうか。早朝は、兼好法師の曰くがごとく、つゆおとのうものなし。
新聞配達のバイクのエンジン音以外は、音がありません。

でもこの時期には香りがあります。
このあたりでは、みな同じブランドのトイレの芳香剤を使っているのだろうか?・・・と思ったら、
違います。金木犀です。この可憐なオレンジ色の花が大好きです。
甘いさわやかな香りをなんともほのかに、どこからともなく漂わせてくれます。

我が家の近所は東京でもまだまだ農家が残っていて、
柿、みかん、葡萄、栗、銀杏など、秋の味覚がいろいろ見受けられます。

今となっては時効(?)ですが、子どもの頃は近所の友人らと徒党を組んで、
あるいは時に単独犯で、これらの味覚を勝手にいただいておりました。
ごめんなさい。

僕らからこれらの秋の味覚を守るべく、その周りには柵や囲いがありました。
でも、何のその、それらの包囲網を破ってことを為すのが当時の密かな時節の楽しみ、
快感だったような気がします。もちろん、今はそんなことはありませんよ、念のため。

徒然草の中で兼好が言っているように、
 「・・・かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわゝになりたるがまはりを、厳しく囲ひたりしこそ、少しことさめて、此の木なからましかばと覚えしか。」
(・・・むこうの庭に、大きな柑子(みかん)の木があって、(果実の重みで)枝がしなっていたのですが、木の周りを頑丈に囲っていたので、興ざめがしてこの木が無ければと・・・)

こんな鎌倉の昔から、人のこころは変わらないものは変わらないのですね。
我が家の亀たちの動きが急に鈍くなりました。そろそろ冬眠させないと。
季節の移ろいを感じます。

急な気温の変化で体調を崩されませんようお気を付けくださいませ。
Take care of yourself.

では、また。
(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/232

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年10月13日 15:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Pro bono」です。

次のブログ記事は「Jason Bourne」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。