台風13号は「Malou」

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?残暑厳しく、まだまだ暑い日が続いております。
私事で恐縮ですが、先月末に誕生日を迎え、先日誕生日パーティーを開いてもらいました。
そして、そこで、ついに私も初体験しました・・・

顔面ケーキ・・・です。


ケーキにちょこっと顔をつける、とかそんな柔いものではなく、
顔に思いっきり押し当てられ、ぐるぐると数回転・・・(笑)
皆に集まってもらえて嬉しい涙と、ケーキまみれになった自分に笑いが止まらないのと、
今年はかなり記憶に残る誕生日となりました。
そういえば、次の日まで、ケーキの甘い香りがずっとしているような感覚が抜けず
胃がもたれていました(笑)


話は変わって、

ここ最近、台風のニュースが多いですよね。本日も台風13号が日本列島を直撃し、
温帯低気圧に変わったものの、各地で大雨の被害が起こっています。

記憶に新しい台風10号は、日本に大きな被害をもたらしました。

日本では、台風に番号が付きます。
気象庁によれば、毎年1月1日以後、最も早く発生した台風を第1号とし、以後、発生順に番号をつけているそうです。

しかし、これは海外では異なります。
英語の新聞記事などでは、台風を番号で呼ばずに、名前がついています。
例えば、台風10号は「Lionrock(ライオンロック)」でした。

従来は、アメリカが英語名(人名)を付けてたのですが、
台風委員会(日本ほか14ヶ国等が加盟)は、2000年以降、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には
同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが命名)を付けることになったのだそうです。 

2000年の台風第1号に、カンボジアで「象」を意味する「Damrey(ダムレイ)」の名前が付けられて以後、
発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いて、1周したら、また「ダムレイ」に戻ります。

ちなみに「Lionrock」は、香港によって命名された山の名前だそうです。
台風11号は「Kompasu(コンパス)」で、これは、日本が命名した「コンパス座」を意味するのだそうです。


日本による命名は他にも、

Tembin (テンビン)= てんびん座 
Yagi (ヤギ) = やぎ座 
Usagi (ウサギ)= うさぎ座 
Kajiki (カジキ)= かじき座 
Kammuri (カンムリ)= かんむり座 
Kujira (クジラ)= くじら座 
Koppu (コップ)= コップ座 
Tokage (トカゲ)= とかげ座 
Hato (ハト)= はと座 

があり、全て星座ですね。



なお、台風の名前は繰り返して使用されるそうなのですが、
大きな災害をもたらした台風などは、台風委員会加盟国からの要請を受けて、
その名前を以後の台風に使用しないように変更することもあるそうです。



この度の台風により被害に遭われた地域の皆様に心からお見舞い申し上げます。
不自由な生活が続いている方も多いと存じますが、一日も早い復旧をお祈りすると共に、
被災された皆様が平穏な日々を取り戻せるよう祈念いたしております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/225

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年9月 8日 16:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蚊 (mosquito)」です。

次のブログ記事は「iPhone7」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。