今年の漢字 (Kanji of the year)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。d8adfd2c.jpg
翻訳 ACN の櫻井です。

今年もまもなくその75%の日数が過ぎ去ろうとしています。
気候の方は暑さ寒さも彼岸過ぎとなっております。
我が家の朝顔はまだまだ元気で、毎朝数十輪が咲き誇っています。
ゴーヤも葉陰をよく探すとびっくりするほど良い型のものが、
隠れていたりします。放っておくとあっという間に黄色のイボ付きバナナに変身です。

まだちょっと気が早いですが、今頃になるとふと考えてしまうのが、
年末に日本漢字能力検定協会が、その年をイメージする漢字一字を公募して、
その中で一番多かった字を、清水寺の貫主が、大きな紙に書く、
世相を表すイベントの一つ「今年の漢字」を、
予想することです。

今年は観測史上最大数の上陸を果たした気象現象に使われ、
NHKの朝の連続テレビ小説などでも、
庶民の暮らしのなかで重要な役割をはたして来た空間の名称にも使われ、
ある老舗の化粧品会社の名前にもなっているウテナ、
これらに当てはまるものかなと思っております。

そうです。「台」です。

意味としては、物または人をのせるためのひらたいもの、高く造った建築物、
基礎や土台、細工などをほどこす素材、物事のしたじ、
高い建物、高楼、ものの下地となるものなどとあります。
すなわち、なにかのもととなる、支えとなるものですね。

われわれは、自分のその土台の上に、それぞれ人生の意味を付加していく。
土台がぐらつくと、やはり継続していくことが難しくなります。

つい最近ですと、連日のように報道されている豊洲市場の問題、
はたまた医療の根幹を土台から揺さぶるような、痛ましい事件も発生しております。
11月には、世界のリーダーたる超大国(superpower)で、
その屋台骨を支えるリーダーが決まります。
ff93986b.jpg
間もなく、ゴーヤは炸裂して、赤い種をまき散らします。

少しずつ深まりゆく秋を感じながら、
今年の残りの25%、自分なりに日々土台を固めながら、
有意義な日々にしたいですね。

追伸: 「台」の字の予想が外れた場合は悪しからず。お許しください。

では、また。
(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/229

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年9月29日 14:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイエットの味方」です。

次のブログ記事は「Endeavour」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。