Pokémon GO

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
関東地方、やっと梅雨明けしました。
本格的な夏の到来です。紫外線対策をしっかりして水分補給はまめにしたいですね。
体は日焼けしなくても、目に紫外線が入るだけでシミの原因になるそうなのでサングラスはかけた方がいいそうです。

今話題のスマートフォン用のゲームアプリPokémon GO。日本では7月22日に配信が始まりました。
日本でリリースされる以前にニュース等で海外の熱狂ぶりが話題になっていたのは、記憶に新しいところです。
日本のアニメキャラもワールドワイドですね。

このゲームのメインの遊び方は、いろんなところに出没するポケモンを捕まえてコレクションすることです。
捕まえたポケモンは育成し、進化させ、バトルさせることもできます。
斬新なところは、スマホの位置情報を使い、カメラに映った現実世界でポケモンをゲットできるという点です。あたかも本当にそこにいるような感覚です。

ここまで支持されるのは、誰でも無料で遊べるからでしょうか?もちろん課金することでポケコインが購入できて、ゲーム内のさまざまなアイテムを買うこともできます。
ゲームをするには、まず野生のポケモンをゲットしないと始まらないので、必然的に外に出ることになります。
子どものころ、虫取り網を持ってセミやトンボを捕まえにいったのを思い出しますが、これはまさにそのバーチャル版ですね。pokemon.jpg
スマホゲームというと、電車の中や自宅等、おもに屋内で遊ぶイメージですが、これはアウトドアなゲームと言えます。

私もアプリをダウンロードしてPokémon GOを実際にやってみました。
画面に現れるポケモンをタップして、モンスターボールを当ててゲットします。
簡単そうですが、うまく当てるには少しコツがいりそうです。何も考えずにただ投げても、なかなか当たりません。
モンスターボールをうまく当てて、ポケモンをゲットできたときの小さな喜びがくせになりそうです(笑)
ビギナーはAR機能をオフにするとゲットしやすくなるとか。ちなみに公園はポケモンの巣窟だそうで、たくさんの種類がゲットできるそうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/218

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年7月29日 18:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おひとりさま」です。

次のブログ記事は「夏バテ (Summer fatigue)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。