2016年7月アーカイブ

Pokémon GO

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
関東地方、やっと梅雨明けしました。
本格的な夏の到来です。紫外線対策をしっかりして水分補給はまめにしたいですね。
体は日焼けしなくても、目に紫外線が入るだけでシミの原因になるそうなのでサングラスはかけた方がいいそうです。

今話題のスマートフォン用のゲームアプリPokémon GO。日本では7月22日に配信が始まりました。
日本でリリースされる以前にニュース等で海外の熱狂ぶりが話題になっていたのは、記憶に新しいところです。
日本のアニメキャラもワールドワイドですね。

このゲームのメインの遊び方は、いろんなところに出没するポケモンを捕まえてコレクションすることです。
捕まえたポケモンは育成し、進化させ、バトルさせることもできます。
斬新なところは、スマホの位置情報を使い、カメラに映った現実世界でポケモンをゲットできるという点です。あたかも本当にそこにいるような感覚です。

ここまで支持されるのは、誰でも無料で遊べるからでしょうか?もちろん課金することでポケコインが購入できて、ゲーム内のさまざまなアイテムを買うこともできます。
ゲームをするには、まず野生のポケモンをゲットしないと始まらないので、必然的に外に出ることになります。
子どものころ、虫取り網を持ってセミやトンボを捕まえにいったのを思い出しますが、これはまさにそのバーチャル版ですね。pokemon.jpg
スマホゲームというと、電車の中や自宅等、おもに屋内で遊ぶイメージですが、これはアウトドアなゲームと言えます。

私もアプリをダウンロードしてPokémon GOを実際にやってみました。
画面に現れるポケモンをタップして、モンスターボールを当ててゲットします。
簡単そうですが、うまく当てるには少しコツがいりそうです。何も考えずにただ投げても、なかなか当たりません。
モンスターボールをうまく当てて、ポケモンをゲットできたときの小さな喜びがくせになりそうです(笑)
ビギナーはAR機能をオフにするとゲットしやすくなるとか。ちなみに公園はポケモンの巣窟だそうで、たくさんの種類がゲットできるそうです。

おひとりさま

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
暑い日が続いています。東京もそろそろ梅雨明けでしょうか。
matome_20150114102235_54b6436b44b85_300x300.png
今年の夏休みのご予定はお決まりですか?
オリンピックもあるので、南米へ旅行される方も多いのでしょうか。

最近、「おひとりさま」という言葉を頻繁に目にします。
私が住んでいる地域は、特に「1人飲み女子」というものが多いらしく、
テレビでも特集されていました。

ちょっと前に、そんなタイトルのドラマもありましたね。

確かに、焼き鳥屋さんでビールに焼き鳥を1人で楽しむ女子や
牛丼店、お寿司屋、ラーメン屋など至る所で1人女子を見かけます。

私も1人暮らしは長いですが、「おひとりさま」というものがまだまだ苦手です。
1人でご飯を食べなければならない状況だと、さっと食べて出られるファーストフードで済ませます。
1人飲みはまだまだハードルが高いです(笑)

でも街中には、ひとりカラオケ専門店やひとり焼肉専門店など増えています。
やっぱり流行っているんですね。
私の家の近所にも、先日、ひとりしゃぶしゃぶの専門店ができていました。
これがなかなか繁盛しているようでした。

ひとりしゃぶしゃぶ・・・

しゃぶしゃぶは大好物なので、たまに無性に食べたくなりますが、
一緒に行ける人がいないと、さらっとあきらめてしまうところです。
しかし、みんな一人なら平気ってことなんでしょうか。



先日も友人と、ひとりでどこまでいけるか、という話をしていました。

私の友人は、1人でなんでもできてしまう女子です。
テレビの1人飲み特集にも出ていました(笑)
カラオケ、焼肉、バー飲み、旅行・・・なんでもです。
人を誘うことを考える前に、1人で行動に移してしまうのだそうです。
そのほうが楽だから、と。


海外では「おひとりさま」ってあるんでしょうか。
よく行く韓国では、1人で食事をする習慣というのが無いと聞いたことがあります。
1人でレストランで食事をしているとおかしな目で見られるとか・・・
確かに食事処のメニューは、大体が2人前からで、1人で食べるなら、
屋台とかコンビニとか、ファーストフードか、という感じでした。


日本の文化なんでしょうか、これって。


皆様は、どこまで「おひとりさま」できますか?

私は・・・

1人カフェ が限界です(笑)

1人でバーで飲んでいる女性とか憧れていましたが、
実際自分が大人になってみると、なかなかできないものです。


とりあえず、近所のひとりしゃぶしゃぶに近いうちチャレンジしてみます(笑)

ちょこっと勇気 (acting with courage)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。0721.jpeg
翻訳 ACN の櫻井です。
東京では蒸し暑い気候と格闘しています。特に朝の通勤電車の中では、
肉体的、精神的な格闘があります。

電車の座席に運よく座れる時、最近「よっこいしょ!」と言っている自分にびっくりします。
ありゃ、また言ってしまったと後から認識はするのですが、時すでに遅し。
なぜか発する言葉の先頭文字は「ど」ではなく「よ」なのですが・・・。
(この違いはまたの機会に・・・。)

さて、その発声のあとに、僕がすることは、本を持っていれば読みだすのですが、
本がないときはたいてい目を閉じてしまいます。
特になんとなく対面の座席と近いような気がする大江戸線ではそうです。

それは何故かというと、向かい合った席にやはり乗客がいて、
視線をそらしつつ顔だけ真っすぐ見たり、目が合うと視線外しに何度も同じ吊革広告を
見てしまう自分の所作のぎこちなさに、ちっちゃな自己嫌悪を覚えるからです。

僕はいつも、車両の真ん中、すなわち向かい合う座席とのちょうど真ん中に、
間仕切りの雲りガラスでも設置してくれないかなと真剣に思っています。

自意識過剰と言えばそうかもしれないですが、向かいあった乗客との「にらめっこ」は
大の苦手なのです。そんな内気な僕の所作をさらにぎこちなくするのが、
座席を譲るべきか譲らざるべきかの判断に迷う人物が僕の目の前に立ったときです。

明らかに自分の父母や祖父母の年代、ちょっと失礼な響きのする「後期高齢者」の方に対しては、
すぐさま席を立つのに躊躇はないです。

ただし、"前期"(?) 高齢者の方に対する判断が難しいのです。
譲るべきか、譲らざるべきか?勇気をだして譲ろうとして「僕は大丈夫。」、
「有難う。でも結構ですわ。すぐ降りますから」などと丁重にお断りをされて、
上げた腰をもう一度座席にくっつけるときの、間の悪さ。

正面に見え隠れする対面の人と目があったときのバツの悪さ。
悪いことをしようとしたのではないのだから、堂々ともう一度座ればいいのですが、
内気なひとは、そう。その自分の判断自体におどおどしてしまう。

しばらくして僕の目の前に立っていた乗客は下車します。
また間仕切りがなくなり、にらめっこ再開です。そしてその対戦相手との視線外しのために、
意味もなくまた同じ吊革広告を見つめてしまうことに・・・。
ちょこっと勇気が欲しい今日この頃です。

では、また。
(櫻井)

PRC は何の略?

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
先日、あるテレビ番組でこんな問題がありました。

MADE IN PRC 

のPRC は何かという問題です。
この表示を私はまだ実際に見たことが無かったで、恥ずかしながらわかりませんでした。

PRC は「People's Republic of China」(中華人民共和国)の略だそうです。

ちなみに

MADE IN ROK

のROK は「Republic of Korea」(大韓民国)の略になります。

「中国製」「韓国製」の新しい表記といったところでしょうか。


さて、毎日、暑い日が続いていますが、皆さま体調を崩されたりしていませんでしょうか。
今年は猛暑になると言われています・・・。
この時期になると毎日のようにスイカを食べます。
スーパーではカットフルーツとして食べやすい大きさで売っているので手軽ですしね。

スイカって水分ばかりで栄養とか無いのかと思い込んでいましたが、
これがなかなか優秀でした(笑)
美肌効果が高いリコピンはトマトの1.4倍含まれますし、
ビタミンAやビタミンC、βカロテンも豊富。
さらに、食物繊維も豊富です。

またスイカの90%は水分なので、熱中症予防にも良い!
しかもスイカの水分にはミネラルや糖分が含まれているそうです。

さらに聞きなれない成分ですが、シトルリンというアミノ酸の一種が含まれていて、
これが健康にも美容にも良いとのこと。血行を良くし、老廃物の排出を助けます。
血行が良くなるということは冷え性も改善されるようです。

スイカは夏のフルーツなので、体を冷やす効果もありますが、それでも
冷え性が改善されるとは・・・なんとも不思議です。

美容食材として、また熱中症予防として、
この夏はスイカを意識して食べてみるのはいかがですか。

ガネーシャは関西弁

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
1年の半分が終わり、もう7月です。
関東地方、まだ梅雨明けはしていませんが、肌寒い日の翌日に真夏のように暑い日があったりして、調子が狂います。
みなさんも体調管理にはお気を付け下さいませ。

今回は、最近私が読んだ本をご紹介いたします。
タイトルは「夢をかなえるゾウ」 水野敬也 著です。
この本はいろんなメディアで紹介されており、テレビドラマやアニメ、舞台にもなっていますので、ご存知の方も多いと思います。
発売されたのは2007年ですが、9年たつ今でもじわじわと売れ続けており、累計発行部数は200万部を超えているそうです。

この本はいわゆる自己啓発本なのですが、同時に小説でもあります。yumezou.jpg
ある日、泥酔して落ち込んでいる主人公(平凡なサラリーマン)の前に、彼が以前インド旅行の際に買ってきた象の置物が謎の生き物として突如現れます。
置物から化けて出たのはガネーシャ(神様)でした。そして、ガネーシャは彼との共同生活を通じて、成功できる教えを授けていきます。
ガネーシャはなぜか関西弁を話し、彼と繰り広げられる漫才のようなやり取りは読者をどんどん不思議な世界に引き込んでいきます。

ガネーシャは、教えの一つとして、彼に靴を磨くようアドバイスします。彼が会社で履いていた靴はボロボロだったのです。
大リーガーのイチローがグラブを自分で毎日磨いているように、商売道具を大切にしようという教えです。
でも彼は「靴磨きが自分の人生の成功につながるとは思えない」と反論します。
 それに対し、ガネーシャは言います。「成功しないための一番重要な要素はな、『人の言うことを聞かない』や」 そんなもん、当たり前やろ。 成功するような自分に変わりたいと思とって、でも今までずっと変われへんかったっちゅうことは、それはつまり、『自分の考え方にしがみついとる』ちゅうことやんか」と彼を一喝します。
素直に人のアドバイスを受け入れ、変わることの大切さを説いているのでしょう。深いですね。

それ以外にもガネーシャの弟子?だったという世界の偉人たちの格言がたくさん出てきます。
気軽に読めて、人生について考えるきっかけを与えてくれる本だと思いました。梅雨の読書におすすめの一冊です。

生きとし生けるもの (all beings and creatures)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。0707OKs 002.JPG
翻訳 ACN の櫻井です。

今日は、七夕ですね。
この時期になると、プランターで育てている野菜の生育が著しいです。
ミニトマトを10株ほど育てているのですが、もこもこと成長してトマトのちょっとした
小さな森ができてしまいました。
ほぼ毎日結構な数を収穫できるようになり、朝食のお供、昼の弁当、夜のサラダ。
ミニトマト三昧な日々です。

また、生き物たちも活発に活動する時期なので、それらの世話でとても忙しないです。
ひとつめは、2匹の草亀。もう我が家に来て13年くらいになります。
体長は小さい方が15センチ。大きい方は20センチ。
毎年、11月から5月連休くらいまでは、冬眠 (hibernation) してくれるので、
手がかからないのですが、冬眠から目覚めて、この時期になると、
水の入れ換えが面倒です。50 センチ四方の水色のプラスチック製のたらいに、
入れているので、水替えの頻度は 2、3 日に 1 回くらいでと、
ものの本には書いてありますが、わずか 10 分程度の作業ですが、
平日は仕事でなかなかこまめにできず 1 週間もサボると、匂いが強烈です。
洗濯物に亀の匂いが移ると、すぐさま家族から大きなクレームがきます。

もうひとつの生き物たちは、昆虫です。
カブトムシ、オオクワガタ、コクワガタ、いずれも、彼らの先代が残してくれた、
卵から羽化させました。この時期になると羽化ラッシュです。
朝ガリガリ音がすると、新たな命が土のなかから生まれてきています。
これを見る瞬間は、この歳になっても毎年感動します。
ただ、彼らも餌をこまめに定期的に取り替えてあげないと、
その餌が腐敗したり、アリやコバエが寄って来たりして、これまたクレームのもとです。

なかなか生き物を育てるのって、根気が要ります。0707OKs 001.JPG

根気といえば、7 月 7 日はおりひめ(織女星)、ひこぼし(牽牛星)が 1 年に一度、会うことを許された日。
毎年根気よく、おりひめとひこばしは、天の川を挟んで会いに来ると子どものころお話で習いましたが、
実際は、それぞれの星であること座のベガと、わし座のアルタイルの間の距離は
16光年ありますから、宇宙でいちばん速い光(秒速30万 km)でさえも
16年もかかる距離なので、一晩のうちに会うには、ワープでもしないと無理だそうですね。

では、また。
(櫻井)

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。