タイ旅行記

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。

6月最終日です。梅雨らしい日が続いていますね。
夏が近づくと、台風のニュースも聞かれるようになるはずですが・・・
今年はまだ台風が1つも発生していないのだそうです。

5月まで発生がないのは1998年以来だとか・・・
今年はラニーニャ(海面水温が平年より低い状態が続く)なので、
発生数が少ないとも言われています。


先日、初めてのタイ旅行に行ってきました。
バンコクは毎日とにかく暑い!
一足先に夏を味わってきました。

私にとっては初めて行く国なので、見るものすべてが新鮮で、
写真を撮りまくっていました。

タクシーも、ピンク、赤、黄色だったり、街中がカラフルでした。


着いてすぐ、ワット・ポーという巨大な涅槃仏が横たわっていることで有名な寺院に行きました。
そこで、初のタイ古式マッサージを受けました。
あまり寝ていなかったので、マッサージもかねて仮眠を取ろうと思っていたら・・・とんでもない!
痛くて、ストレッチみたいに体が動かされるので寝られたもんではありませんでした(笑)
でもこれが気持ちよかったのです。全身の血行も良くなり、すっきりしました。

タイ古式マッサージではあたりまえのことなのかもしれませんが、
全ての指の関節を引っ張って、ポキっと鳴らされるんです。
関節が鳴る音が苦手な私にとって、これだけはちょっと冷や汗でした(笑)


その後、遅めの昼食をとろうとレストランに入って、
暑いし、ビールを飲もうとしたら、なんと・・・お酒が販売できない時間とのこと。


タイでは、お酒の販売日や時間に規制があり、通常は11時?14時、17時?24時までの間が
販売許可時間となっており、それ以外の時間には購入することはできません。
たとえ1分でもその時間を過ぎたらまず販売してくれません。

コンビニでももちろん買えません・・・


しょうがなく、せめて口の中をさっぱりさせようとアイスティーを注文しました。
喉も乾いていたので、出てきたアイスティーを勢いよく飲むと・・・

まさかの、半分ガムシロップかと思うくらい激甘のアイスティーでした。
さっぱりを想定して飲んだので、口に入れたときのショックたるや・・・(笑)

屋台などで、現地の人が料理を食べる姿を見ていると、大量に砂糖を入れて食べていました。
そのかけている量を見たら、激甘なアイスティーも納得でした。

卓上調味料セットのようなもの(「クルワンプルーン」というらしいです)が
必ずどこのレストランにも用意されていて、唐辛子、ナンプラー、お酢、そして砂糖がセットになっています。

これで自由に味を調節して食べるのだそうです。
確かに麺類は味が薄めなので、この調味料で味を足すとちょうどよくなりました。

文化、特に食文化は国によってさまざまで、本当に興味深いです。
なので、海外に行くと、英語も通じないような地元のレストランに行くようにしています。


タイという国は、パワフルな国でした。
活気もあるし、物価も安いし、長く滞在してみたい国でもありました。


値段感覚が狂うくらいいろいろ安いので、ちょっとお金持ちになった気分になれました(笑)
ただ・・・タイ料理はやっぱり苦手なまま克服できませんでした・・・(汗)



そろそろ夏休みの計画を立ててらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
暑い季節に暑い国への旅行もいいですよ?!
13427807_1039326572824448_3234547602254548867_n.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/212

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年6月30日 16:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「梅雨 (Rainy season)」です。

次のブログ記事は「生きとし生けるもの (all beings and creatures)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。