同窓会 (Reunion)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
翻訳 ACN の櫻井です。

6月に入りました。赤や青、むらさき色の紫陽花が目に鮮やかです。reunion.jpg

入梅のこの季節になると気のせいか毎年、中学、高校、大学と同窓会のお誘いがあり、
Reunion time のような気がしています。4月で年度が変わり、また新しい生活スタイルになった方もその生活にも慣れ、時期的に一番開催しやすい頃合なのでしょうか。今年も葉書がいくつか来ましたが、体はひとつしかありませんので、すべての同窓会に参加するのは無理ですが・・・。

大きな同窓会の集まりのほかにも、小さな集まりの通知も結構あります。
フェイスブックなどのSNSのお陰で、何十年も音信不通だった小学校時代の、
同級生をいとも簡単に見つけたことが、皆さんの中にもおありかと存じます。
そこからどんどん輪が広がって小さな再会が大掛かりな集まりになったりします。

時にはSNSで見~つけた!とかなりの確信を持って、「お友達」リクエストのメールを送ったら、
同姓同名のまったくの別人で、大変な失礼をしてしまったという経験がわたしはありましたが・・・。

世の中狭いようで広いし、広いようで狭い。

母校の小学校の50周年が今年の秋にあるのですが、
久しぶりに卒業アルバムを開いてみてびっくりです。
卒業した頃は当然、個人情報保護法施行前なので、卒業アルバムの巻末に、
しっかり住所が掲載されているのです。住所はもちろん、保護者の名前や、学年の違う兄弟姉妹の名前まで。

いまなら、個人情報の露出度のすごさに卒倒してしまいそうですが、いい時代でもありました。

幹事の末席にいる私も、これらの住所録を活用して、往復はがきを出し、
宛先不明で戻ってきた人たちには、SNSなどあらゆる手段を活用して、
友達の友達はみな友達だとばかりに連絡開始です。
前回の同窓会のときも、消息不明が2割以上ありました。

来年は高校の卒業●0周年もあるので、こちらも幹事を仰せつかっておりまして、
そろそろ動き出さないと・・・、これから同窓会名簿の更新作業に頭の痛い日々になりそうです。

じめじめとした日が続きます。どうぞ皆様ご自愛くださいませ。
では、また。

(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/208

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年6月 9日 13:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世界一栄養価の高い果物とは?」です。

次のブログ記事は「テキーラの原料はCactus?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。