天気 (Weather)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。132934979632813211271_071010_part03_02.jpg
翻訳 ACN の櫻井です。

17日の日曜日は、マラソン大会に参加しました。
そこで、いろいろな天気を一度に体験しました。
朝は曇り(cloudy)、スタートラインにランナーたちが集まっています。
風がすこしありますが、気温は寒くもなく暑くもなくという感じです。
過去4月でも寒いときがありましたが、今年は大丈夫そうです。

10時、スタートの合図でランナーたちが動き出します。
ただし、スタートラインから随分と後方にいたので、
大勢のランナーがひしめき合って前になかなか進めません。
満員電車で降車ホームとは反対側にいて、
なかなか出口に向かえないような気分です。

スタートから実際に本当のスタートラインを越えられたのは、
7分後。前半は緩やかなアップダウンを繰り返しながら、
20キロ地点にさしかかったころ、お昼近くなっていました。

風が強くなって(windy)、雲行きが怪しくなってきました。
願いむなしくIt looks like rain.

案の定雨が降り出し(It started to rain.)、そして風がさらに強くなりました(gusty)。
ウェアにポツポツと水滴が突き刺さります。

雨はだんだん強くなってきました。
どしゃ降り(rain cats and dogs) ではありませんが、
風も強くなり、気がつくと嵐(stormy)のようでした。

体はびしょびしょ、携帯をそのままポケットに入れていたことを、
思い出しました。以前これをやってひとつ携帯電話を壊したことがあります。

給水所や道端になにか包む物、ビニール袋はないかと、
しばらく下ばかり向いていました。

すると、沿道で「濡れるでしょ、これかぶって行きな」と、
大きなビニールの袋を配っているおばあさんがいました。

なんという幸運でしょうか、丁重にお礼してその袋をいただき、
ほかの人たちは頭から合羽がわりに被っていきましたが、
すぐさま、びしょびしょの携帯電話をポケットから取り出し、
そのビニールに入れて、ぐるぐるに巻いて再びポケットにしまいました。

これで壊れたら諦めよう。
風はさらに雨とともに勢いを増して、
立っているのもやっとなほどです。

追い風は残りの体力が限界に近づく中で、
前進の推力となりましたが、向かい風は大変です。
ニュースで台風中継のリポーターは大変だろうなとつくづく思いながら・・・。

ゴールまであと数キロのところで、雨はすっかり止んで、
最後は、日がでてきました(sunny)。雲間から御光のようです。

いままでのマラソン人生で、笑っちゃうくらいとびきりハードなコンディションでの、
かずみがうらマラソン完走でした。

お蔭様で携帯も無事でした・・・。
終わりよければすべてよし。
All's Well That Ends Well.かな。

では、また。

(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年4月21日 15:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AはAmericaのA」です。

次のブログ記事は「きれいな魚の図鑑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。