2016年4月アーカイブ

盗まれたiPhone を追っかけたらセレブに?

| コメント(0) | トラックバック(0)
この度、平成28年熊本地震により被害に遭われた被災地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
08061901.JPG
皆様の安全と被災地の一日も早い復興復旧をお祈りいたします。

翻訳ACNの飯塚です。

昨日、九州新幹線が全線運転を再開したというニュースがありました。
九州新幹線といえば、2011年3月の全線開通時に制作されたCMがあります。
しかし、開通前日に起こった東日本大震災のため放送がたった3日で中止されてしまい「幻のCM」となりました。
そのCMが今SNSなどのインターネットで話題になっているそうなのです。

7色にラッピングされた新幹線が試運転する中、沿線の住民らが手を振ったり、旗を振ったりして
開通を喜んでいます。約1万人が参加したそうです。

そのCMを私は今日の朝、初めて見ました。素直に感動します。朝から温かい気持ちになりました。

http://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU


また先日、面白いお話を教えてもらいました。

盗まれたiPhoneを追って中国まで行ったら、セレブになったという話です。

あるアメリカ人男性(マット)が、バーでiPhoneを盗まれてしまい、新しいiPhoneを買ったところ、
フォトストリームに見知らぬ男の写真がどんどんアップされている、というちょっと怖い話から始まります(汗)

その写真から盗まれたiPhoneは中国にあることがわかり、ネットにこのことを記事としてアップしました。
するとその記事があっという間に世界中に広まり、盗まれたiPhone の持ち主(ブラザーオレンジ)が見つかります。

この事件は中国で大きな話題を呼び、本人が中国へ行くと、なんと彼は超有名人になっていました。
どこへ行くにもカメラマンや大勢の人がついて回り、まるで、レディーガガやブリトニーのようなセレブな扱いを受けます。

盗まれたiPhone が中国とアメリカの人を結び付け、2人は親友になったそうです。
この物語のドキュメンタリーも制作されたとか。
ネットで日本語に訳された記事もあります。

記事を読んでいて、
Cloud にアクセスできたのであれば、Find iPhone を使って現在位置を見られなかったのかなと
ふと思ったのですが、新しいiPhoneを買ってしまったし、できなかったのかもしれませんね。

私もこの Find iPhone に助けられたことがあります。

ある晩、家に帰ったらリュックのポケットが空いていて、中身が空っぽでした。
そこにはケータイも入れていたので焦って、来た道を戻り、探しました。
それも真夜中に(笑)

しかし、見つかりません・・・

あきらめかけた時、Find iPhone の存在を思い出し、家のパソコンからアクセスしました。


すると・・・


パソコンで見る地図上では、自分の家にiPhoneがあると示されています。
音を鳴らすという機能を使ってみると・・・

玄関から音が聞こえてきました・・・


どうやら私の携帯は、バッグのポケットが空いていても落ちることなく、
家にたどり着いたけど、玄関で力尽きて落ちてしまい、下駄箱の下にもぐりこんでしまったようです(汗)


初めてFind iPhoneを使ったのですが、便利な機能だと感心する一方で、
パソコンのセキュリティなどしっかりしないと怖いな、とも感じました。


GWがスタートしますね。
皆さま、楽しいお休みをお過ごしください。

きれいな魚の図鑑

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
だんだんと気温も上がってきて、行楽には最高のシーズン到来です。
今月末からはゴールデンウイーク。皆さんはお出かけのご予定はありますか?

今回は先日私が読んだ本をご紹介したいと思います。
生田 與克著「おいしい魚の目利きと食べ方―築地魚河岸仲卸直伝」
著者は暁星高校を卒業後、家業の築地マグロ仲卸の仕事を始めたという経歴の持ち主で、いわゆる魚のプロです。
普段からお寿司や刺身、焼き魚、煮魚等、当たり前のように食べていますが、マグロやアジ、サバ、イワシなど、名前は知っているも、魚のことについてもう少し知識を深めたいという思いから読んでみました。

この本には86種類の美しい魚のカラー写真とともに、そのさばき方から調理のポイントや旬、生態などのうんちくが詳しく書かれています。
まさに究極の魚辞典です。子ども時代に夢中になったいろんな百科辞典を思い出しました。
例えば、このところ寿司ネタで大人気のサケの目利きのポイントは、体に張りがあって太っており、身の色があせておらず、ウロコがはげていないものがいい個体だそうです。
サケの切り身は「トキジャケ」「ベニジャケ」「アキジャケ」「サーモン」などの種類があるそうです。一口にサケといってもいろいろ種類があるんですね。
鮟鱇をさばくときに、吊るして口から水を入れながらさばく吊るし切りというのがあります。
なぜそんなことをするのかというと、鮟鱇は身が柔らかすぎて、まな板では切れないため、そうやって吊るしてさばくのだそうです。冬に食べる鮟鱇汁、おいしいですよね。

本書は魚の種類ごとに、私が今まで知らなかった情報が詳しく書いてあり、著者の魚に対する愛をとても感じますし、私自身、非常に勉強になりました。
読み終わっても、手元に置いておきたい一冊になりました。tuna.jpg

天気 (Weather)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。132934979632813211271_071010_part03_02.jpg
翻訳 ACN の櫻井です。

17日の日曜日は、マラソン大会に参加しました。
そこで、いろいろな天気を一度に体験しました。
朝は曇り(cloudy)、スタートラインにランナーたちが集まっています。
風がすこしありますが、気温は寒くもなく暑くもなくという感じです。
過去4月でも寒いときがありましたが、今年は大丈夫そうです。

10時、スタートの合図でランナーたちが動き出します。
ただし、スタートラインから随分と後方にいたので、
大勢のランナーがひしめき合って前になかなか進めません。
満員電車で降車ホームとは反対側にいて、
なかなか出口に向かえないような気分です。

スタートから実際に本当のスタートラインを越えられたのは、
7分後。前半は緩やかなアップダウンを繰り返しながら、
20キロ地点にさしかかったころ、お昼近くなっていました。

風が強くなって(windy)、雲行きが怪しくなってきました。
願いむなしくIt looks like rain.

案の定雨が降り出し(It started to rain.)、そして風がさらに強くなりました(gusty)。
ウェアにポツポツと水滴が突き刺さります。

雨はだんだん強くなってきました。
どしゃ降り(rain cats and dogs) ではありませんが、
風も強くなり、気がつくと嵐(stormy)のようでした。

体はびしょびしょ、携帯をそのままポケットに入れていたことを、
思い出しました。以前これをやってひとつ携帯電話を壊したことがあります。

給水所や道端になにか包む物、ビニール袋はないかと、
しばらく下ばかり向いていました。

すると、沿道で「濡れるでしょ、これかぶって行きな」と、
大きなビニールの袋を配っているおばあさんがいました。

なんという幸運でしょうか、丁重にお礼してその袋をいただき、
ほかの人たちは頭から合羽がわりに被っていきましたが、
すぐさま、びしょびしょの携帯電話をポケットから取り出し、
そのビニールに入れて、ぐるぐるに巻いて再びポケットにしまいました。

これで壊れたら諦めよう。
風はさらに雨とともに勢いを増して、
立っているのもやっとなほどです。

追い風は残りの体力が限界に近づく中で、
前進の推力となりましたが、向かい風は大変です。
ニュースで台風中継のリポーターは大変だろうなとつくづく思いながら・・・。

ゴールまであと数キロのところで、雨はすっかり止んで、
最後は、日がでてきました(sunny)。雲間から御光のようです。

いままでのマラソン人生で、笑っちゃうくらいとびきりハードなコンディションでの、
かずみがうらマラソン完走でした。

お蔭様で携帯も無事でした・・・。
終わりよければすべてよし。
All's Well That Ends Well.かな。

では、また。

(櫻井)

AはAmericaのA

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!翻訳ACNの飯塚です。


最近、海外の方と電話でお話しする機会が続いたのですが、
電話でメールアドレスを伝える場合、tとpや、gとzなど
発音が似ている文字は特に、聞き取り間違いのないようにはっきり伝える必要がありますよね。
VFWMo4wU2zTmWfF.jpg

そんな時、海外の方は、国名を挙げてアルファベットを伝えることが多いようです。

例えば、

「a」は「America」の a (America's a)
「e」は「England」の e (England's e) という感じです。

ACNのアドレスは、trans@acnous.netなので、@の前の部分を伝える場合、

tokyo's t, russia's r, america's a, norway's n, spain's s ・・・

と伝えます。
国名は何でも良くて、相手に、はっきりと伝わればいいみたいです。

会話なら多少聞き取りにくくても流れで推測できたりしますが、
アルファベット1文字を発音するのって意外と難しいです。
こんな方法で電話の向こうの相手にも伝えられたら、ちょっと親切ですよね。

電話で英語を話す機会があるたびに、もっと発音がよくなりたいな、と思います。
顔が見えない分、ジェスチャーや表情などが伝わらないので、声だけの勝負です(笑)

以前、英会話学校で働いていたとき、こども英会話のレッスンの中で、
「フォニックス(Phonics)」という学習法がありました。

英語の文字と音の関係性を学ぶトレーニングで、英語圏の幼児期に受ける英語教育なのだそうです。
実際に現場で見ていて、レッスンを受けている子どもたちはもちろん、
それを教えている日本人の先生も発音がものすごくきれいでうらやましかったのを
はっきり覚えています。

当時、もっと方法を伝授してもらえばよかったと今になって思います。
大人にも良いトレーニングで、アプリなども今はあるみたいなので、試してみようかなと思います。

エクストリームの追求

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
4月になり、東京地方は朝晩はまだ肌寒いですが、春の到来です。
今年のお花見の旬もそろそろ終わりのようです。

皆さんはアクション映画、お好きですか?
映画のジャンルはいろいろありますが、やはり映画館の大画面で観るアクション映画は、とても楽しめますよね。
少しエクストラは必要ですが、3DやIMAXなどの大画面で解像度が高く音響がいいスクリーンなどで観るとさらに楽しめます。

私は先日「Point Break(邦題はX-ミッション)」を観てきました。
本作は91年にキアヌ・リーブス主演で公開された「ハートブルー」が原案だそうです。
監督は「ワイルド・スピード」シリーズの撮影監督を務めたエリクソン・コアです。

タイトルのPoint Breakは、サーフィン用語で波のブレイクするポイントのことだそうです。
この映画、もちろんストーリーはありますが、もうそんなことはどうでも良くなるくらいの超ド級のアクションムービーでした。
凄い点は、アクション映画にありがちなCGは一切使わずに、すべてのアクションを世界のトップアスリート達が実際にカラダを張ってやっていることです。

この映画の超人的なアクションシーンを冒頭から紹介していきますと、以下のようになります。

・岩山の尾根をオフロードバイクで爆走(アメリカ)
・飛行機からスカイダイビング(メキシコ)
・波の高さが半端ないポイントでサーフィン(タヒチ)
・ムササビのようなウイングスーツを着て、高い山からフライング(スイス)
・モンブランの雪山の頂上からスノーボードで滑り降りる(イタリア)
・山の木の生い茂る急斜面をモトクロス駆け降りる(オーストラリア)
・壁のような岩山を素手、命綱なしでロッククライミング(ベネズエラ)
x_R.jpg
どのシーンも、とてもスリリングなのですが、特にスノーボードのシーンとムササビスーツのフライング、ロッククライミングは凄かったでした。
どれも人間技とは思えないショットばかりですし、どうやって撮影したのかも気になります。
実際にこの映画をご覧になっていただくと、普通の人なら必ず驚くと思います。
手に汗握るようなスリリングな体験をしてみたい方はぜひおすすめします。

レレレのお兄さん (Street sweeper)

| コメント(0) | トラックバック(0)
sakura_izukogen.jpg皆さん、こんにちは。
翻訳 ACN の櫻井です。

Cherry blossoms are in full bloom.
東京ではもうサクラ吹雪となって、
並木にそって、桃色の絨毯が敷かれていますが、
お住いの場所によってはまだまだこれから見ごろという方も、
いらっしゃると思います。
もちろん東京でも、ヤマザクラ類はこれからですね。

さて、以前、うちの近所を自発的に掃除してくれる掃除親爺こと、
レレレのおじさんの話を書いたことがありましたが、

今日はなんと"レレレのお兄さん"を発見したので、
ご報告します。

今回の発見もうちの近所なのですが、
まだ畑がところどころに残っていて、畑に囲まれた道があり、
その道は公道なのですが、周りが畑なので、
いまだかつて駐停車違反で違反切符を切られたことがない。

そんな場所は車で仕事をしている方々には、
格好の休憩場所、歩行者天国ならぬ休憩者天国となります。
我が家のすぐ近くはタクシー運転手 (taxi driver、アメリカでは、
cab driver, cabbieなどとも。)さんの、休憩所があるのです。

当然なかには喫煙者(smoker)もいるので、
すべての方ではありませんが、
その白い円筒形の紙の筒を、
そのままアスファルトの中に、足でぐりぐり(これがなかなか取れません)、
あるいは、畑の中にポーン!
はたまた、側溝の中へポイ!

"休憩所"は、吸殻捨て場と化すのです。

ところがある日、休憩所がとても綺麗なのに気がつきました。
吸殻がほとんどありません。

はてなと思って日々が過ぎていきましたが、
ある日、紺の背広を着た、一見サラリーマン風の、
30歳くらいの男性が屈んだり、立ち上がったりしながら、
コンビニでもらう袋に何かを拾い集めていたのです。

しかも素手で・・。なんと、彼は捨てられたタバコの吸殻を、
拾ってくれていたのでした。

でも、僕はたまたまその日だけの光景かなと思っていましたが、
その後、幾度となく、その若い男性の清掃活動を目の当たりにし、
感激して、彼の会社(そうですタクシー会社です)を、
ネットで検索してみました。

その会社のホームページにメールでの問い合わせがあったので、
暗記した彼の車のナンバープレートはしっかりと明示して、
僕の方は匿名で彼の行為に対して感謝のメールを送りました。

そして、僕は勝手に彼をレレレのお兄さんと名付けたのでした。

いまだその会社から、僕のメールに対して、
返事はありませんがレレレ氏の清掃活動を目撃する回数が、
格段に増えたので、
もしかしたら、彼に僕の感謝メールが届いたのかな・・・などと勝手に思って、
ほくそ笑んでいます。

彼には本当に感謝です。

では、また。
(櫻井)

このアーカイブについて

このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年3月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。