腰痛 (backache) 

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。photo2.jpg
翻訳ACNの櫻井です。

寒さもやっと和らいできて日差しがだいぶ強くなってきました。

さて、春の訪れとともに週末ファーマーの活動も、
今年も本格的になってきました。

故郷の両親も母はまだですが、父はすでに後期高齢者に入り、
農作業もかなりの重労働なのでなるべく帰省して、
手伝うようになりました。

先日も急遽召集がかかり、ジャガイモの植え付けです。
畑に畝を数列、鍬を使って土を掘り起こしていきます。
最初はいいのですが、次第に腰から背中の辺りがつらくなってきます。

週末だけの似非ファーマーということもあり、
コツがつかめず、ついつい力任せに掘り進んでしまいます。
その為、数メートル掘ると、腰が痛くて痛くて、
一呼吸せずにはいられません。
これを、数本やるのかと思うと気が遠くなります。

腰痛は、日本人の国民病と言われていますが、
先日テレビ番組でケニア人には腰痛の人はいないということでした。

番組の中で彼らは1時間、前屈みで洗濯をし続けても平気でした。
その秘密は、ケニアの人の姿勢、お尻をきゅっと後方に突き出す、
「プリけつ」姿勢と、同時に胸を張る姿勢にあるとのことでした。

それを思い出してやってみてはみたものの、
やはり付焼刃でまったく効果も実感できずに、
結局休み休み、何とか畝を完成しました。

そして畝を作ると、次にジャガイモを畝の真ん中に等間隔に置いていきます。

これがまたつらい作業です。イモを置いていくときに、
今度はしゃがむ動作によって上下運動が加わります。
畝作成で疲労のたまった腰に更なる負担がかかります。
スクワットよろしく、太もももパンパンになりました。

普段スーパーで並んでいる野菜たち、
ここまでくるのに、農家の方たちの、
こういったご苦労があるんだろうなと、
身をもって実感している今日この頃です。
ただお蔭様で我が家では、
ほぼ野菜は自家製ですのであまりお店では買いません。

桜の便りもまもなくですね。
腰痛に加え、花粉症(hay fever)とも格闘中・・・。
では、また。

(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/195

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年3月17日 13:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドラマー道を究める」です。

次のブログ記事は「英国王のスピーチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。