2016年2月アーカイブ

スティーブ・ジョブズ、感動のスピーチ

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
インフルエンザがかなり流行りだしてますね。社内でも何人かかかりました。
visual.jpg
決算前の忙しい時期に、寝込んでしまっては大変です。
手洗いうがい、など予防を十分にしようと心掛けている今日この頃です。

先日、日本の小澤征爾さんが世界最高峰の音楽の祭であるグラミー賞で
オペラ録音部門でみごと受賞されました。
御年80歳、8度目のノミネートにして初受賞となり、ニュースでもかなり話題になっていましたね。

そして、今度はアカデミー賞です。
最近朝の情報番組でも連日特集しています。
今年は、主演男優賞が注目のようです。無冠の帝王と揶揄されるレオナルド・ディカプリオ氏が
今年こそは受賞するのではといわれていますし、
個人的には、「スティーブ・ジョブズ」のマイケル・ファスベンダーも気になります。

スティーブ・ジョブズといえば、数々のスピーチが名言として残っています。
私も、英語の勉強もかねて、彼のスピーチはいろいろ調べました。

映画「スティーブ・ジョブズ」は、「言葉のアクション映画」と言われていて、
演者には、膨大な量のセリフが与えられていたそうです。

スティーブ・ジョブズ氏のスピーチといえば、

「Stay Hungry. Stay Foolish.(ハングリーであれ。愚か者であれ。)」

という言葉が印象的なスタンフォード大学の卒業式はあまりに有名です。
長いスピーチではありますが、私もYouTubeか何かの動画で見ました。

アップルを追い出されたことや癌を宣告されたことなども交え、
印象的な言葉がたくさん出てきます。

例えば、

You can't connect the dots looking forward, you can only connect them looking backwards. 
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. 
You have to trust in something ― your gut, destiny, life, karma, whatever. 
This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。
できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。
だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。
運命、カルマ...、何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。
私はこのやり方で後悔したことはありません。むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。


ここは何度も繰り返し見た記憶があります。
彼のスピーチだけではなく、たくさんの偉人の演説は、英語の勉強にも人生の勉強にもなりますね。


映画はそれほど見るほうではないですが、
今回のアカデミー賞は「ブルックリン」や「オデッセイ」など見たいと思う作品が多いので
発表が楽しみです。

それにしても「マッドマックス」がノミネートってちょっとびっくりしました。
これまでのアカデミー賞を考えるとちょっと異色ですよね。

火星に独りぼっち

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
どうしたことか、先週末は初夏を思わせるような暖かい日でした。
加えて台風が来たかのような突風が吹き荒れました。
気温の急激な変化は体調にも影響するそうなので気を付けたいですね。

先日映画「The Martian(邦題 オデッセイ)」を観てきました。
監督はグラディエーター でアカデミー賞作品賞を受賞したリドリー・ スコットです。
原作はアメリカでベストセラーになったSF小説だそうです。

私の場合、火星を舞台にした映画と聞くと、アーノルド・シュワルッツネッガーのトータル・リコールを思わず連想してしまいます。
シュワちゃんの頭がパカッと開くシーンが結構怖かったのが思い出されます。
この映画とのつながりが全くありませんが、火星の赤茶けた土の感じは共通でした。

宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)は植物学者として火星への有人探査計画に、クルーとして参加します。
彼らは火星での探査任務中に突然の砂嵐に襲われてしまいます。他のクルーは宇宙船に避難できたのですが、マークは強風で飛ばされたアンテナが直撃し、自身も強風に飛ばされてそのまま行方不明に。
彼は死んだものと思われ、クルーはそのまま地球に帰還してしまいます。

想像してみて下さい。地球の砂漠でも十分怖いのに、赤茶けて荒涼とした砂漠のような火星に一人取り残され、食料もわずか、助けが来るのは数年後とかいう状況では、絶望するしかありません。

そんな過酷な条件下でも、マークは自分の能力をフルに使い、サバイブしていきます。
基地内にジャガイモ畑を一から作り、水も生成して収穫するという自給自足生活も成功ししばらくは安泰かと思われたのですが、事件が起こります。

この映画は、140分という長尺ながら、火星の描写や宇宙での生活の様子など、いろんなディティールもしっかり映像化されているので、思わず時間を忘れて引き込まれてしまいます。
SF好きの方はもちろん、そうでない方がご覧になっても十分楽しめる映画だと思いました。




流行性感冒 (influenza)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。jincho_1.jpg
翻訳ACNの櫻井です。
The flu is common. インフルエンザが流行っています。

先週の月曜、会社からから帰宅すると、
体中に所謂悪寒が走り、なんかいつもと違うなぁと思ったら、
案の定、体温計を使用したら、目盛りはなんと40.6度、
久しぶりの大台越えに、すぐさま夜間救急対応可能な病院に連絡をいれたところ、
症状はかなり当たっているけれど、今すぐ来てもすぐに結果が出ないので、
明朝来て下さいといわれ、しぶしぶそのまま就寝。
時間にして午後9時、
それから朝までがなんと長い、長いことか・・・。

かなりの時間が経過したと思っても、
時計を見ると実際は1時間も経っておらず、
体温は相変わらず40度を超えたまま。
汗はまったく出ない。
高熱のためか、キーンという周波数の高い金属音が、
耳の中で鳴り響いている。

その後1時間おきに目が覚めて、
朝までに何回起きただろうか。
長い夜がやっと終わり、朝病院に行くと、
検査薬を鼻から入れられ、8分でわかりますとのこと、
ところが2分で医師が、「もう出ましたね。A型です。」

それから3日間は、同じように高熱との闘い。
意外に食欲はあって、ほぼ家族と同じものを食べた。

それにしても、どこから感染したのだろう。
家族は、僕以外はみなぴんぴんしているし、
会社で体調の悪そうな人も居なかった。

朝夕の通勤時だろうか。でも通勤時はマスクの着用を励行し、
十分注意していたのに・・・。
感染ルートが謎のまま、医者から完治のお墨付きはいただいたが、
咳が残り、体調がいまひとつで、筋力トレーニング、ランニング、
ビルの5階までの上り下りが息切れしてしまって、
10日ほどサボっている。

そうこうしているうちに、目の周りがここ数日かゆい。
そう、Hay fever (花粉症)の10年選手である僕には、
つらい季節がまた巡ってきた。

踏んだり蹴ったりの今日この頃ですが、本格的な春はもうすぐ、
庭に植えた沈丁花が、可憐な花と爽やかな芳香を漂わせています。

その芳香も間もなく、hay fever で感知できなくなりそうですが・・・。
では、また。

(櫻井)

「花粉症」を英語でいうと?

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
暦上は、立春も過ぎたのでもう春なのですが、まだまだ寒い日が続いています。
kafun.jpg
とはいえ、例年に比べたらかなり暖かい冬なのではないでしょうか。

今週末も全国的に暖かくなるようです。
暖かくなってくると、増えるのが、花粉症です。

今年は、インフルエンザの流行も遅いので、花粉症とのダブルパンチとなるケースが増えそうなのだとか・・・

花粉症をきっかけに粘膜に炎症を起こしたり、免疫力が低下したりするタイミングで、
追い打ちをかけるようにインフルエンザウイルスに感染すると重症化は避けられないようです。

花粉症で毎年悩んでいる人は、インフルエンザ対策をいつもよりも入念に行い、
重症化を防ぐために今から準備しておいたほういいですね。


「花粉症」を英語でいうと「Hay fever」。
なぜか、「fever(熱)」という単語が入ります。

これは、

19世紀初頭、イギリスの農夫たちが牧草を刈り取りサイロに収納する際、鼻から喉にかけての痛みやかゆみ、
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙が止まらないなどの症状が現れる者がおり、
これを「枯草熱(hay fever)」と呼んでいたからだそうです。

日本では、花粉症の原因の多くはスギ花粉ですが、アメリカではブタクサが主な原因とされています。


「私は花粉症です」 を英語でいうと 「I have a hay fever」が簡単な表現です。

花粉症はアレルギーの1つですが、海外に行ってアレルギーを伝えることは大切です。
特に食事関係ではアレルギーがある物を誤って食べてしまい大事故になってしまっては取り返しがつきません。

食べ物でアレルギーがあることを伝える表現は、

「I have an allergy to ?」 です。allergy は「アレジー」と発音します。

例:

I have an allergy to eggs.
(卵アレルギーです)

eggs のところを、別の食べ物に置き換えればいいわけです。
peanuts, wheat, cacao など。

動物のアレルギーにも同様に使えます。

I have an allergy to cats.
(猫アレルギーです)


アレルギーがある方はぜひ覚えておいてほしい表現の1つです。

レザーはケアが大切です

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
暖冬だと思っていた今年の冬も例年のような寒さになってきました。

関東でも節分に恵方巻を食べるという習慣が定着してきたのか、所のスーパーやコンビニなんかでも普通に売られています。
皆さんは節分に恵方巻を召し上がりましたか?

冬になると活躍するのがレザー素材のファッションです。
レザーのジャケットやコート、ブーツなんかは定番ですし、防寒には最適です。
レザーパンツもワイルドで恰好いいですよね。
風の強い日でも、完全にそれをシャットアウトできます。

本革は素材感も良くて、見た目もおしゃれです。
街を行き交う人や電車に乗っていて、それらを着ていたり、履いている人を見て、と気が付くことがあります。
お手入れがされておらず、革がカサカサしてツヤががなくなっているのです。
もちろん、きちんとケアされていらっしゃる方もいらっしゃいますが、うでない方も少なからずいらっしゃいます。

レザー素材は、買った当初はきれいですが、お肌と同じでメンテナンスがきちんとしないとロボロになってしまいます。
レザーは汚れに弱く、放置しておくとシミになったりすることもあります。
そのため、定期的に布やブラシで汚れを落として、オイルを塗るという作業が必要になります。
そうすることで、いい状態が保たれて、長く着られるのです。

以前、黒いライダースのジャケットを購入したのですが、まめに手入れを続けたら初が硬かった革がとてもいい感じに柔らかくなって、体に馴染んできました。
色も少し落ちて、本来の革の色が出て茶色っぽくなってきました。
人工の素材では絶対に出せない独特の風合いがレザーの魅力です。
ただ一つだけ不満な点をあげるとすれば、かなり重いということです。

冬が終わり、保管するときは、直射日光の当たらない、湿気の少ない場所に崩れしないようにして保管するのがベストです。

豆まきと恵方巻

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
翻訳ACNの櫻井です。

昨日は節分でしたね。恥ずかしながら節分というと立春の前日だけかとl_00002041IMG2.jpg
思っていたら、日本の美しい四季を分ける季節の節目ですので4回あり、
立夏、立秋、立冬の前日もそれぞれ節分というのですね(汗)。

昨日の晩は毎年恒例の豆まきをしました。自分が幼少のころから、
続けているので、これをやらないと我が家では春が来ないのです。
子どもたちも生まれたときから付き合わせ続けて、はや15年以上経過。

年齢的に「今年はいいや。まいといて。」と言われるかと思ったら、
今年も付き合ってくれました。ただし、娘から、
「恥ずかしいから、(豆をまくとき)大声だけはださないでね。近所迷惑だし。」
とぐさり・・・。

今年はかなりの小声でまいていたのですが、
やはり撒いているうちについつい、気持ちが入って、
"Get goblins out of the house! Invite happiness into the home!"

もちろん日本語で発声しましたが、
「福はうち?、鬼は外?。」とかなりの大声でやらかし、
「しっ!」という制止音とともに、
家族から非難轟々の恒例行事でした。

その豆まきが終わると、年齢分の数の豆を食べるといいますが、
いつも撒きながら食べてしまうので、年齢の数倍は食べているはずです。
お茶に豆を入れて豆茶も飲みます。これが香ばしくて美味です。

これらが一通り無事終了すると、これも恒例で、御ひねりを渡します。
たぶんそれ目当てで今年も付き合ってくれたのでしょう。

さて、その後ですが数年前から、新たな習慣が入り込んできました。
そうです、恵方巻きです。去年は自宅で妻が作ったのですが、
今年は市販のものを購入しました。

なんと1本1,200円也。これは本当に無言で味をかみしめながら、
食べないといけないと今年の吉祥方角、南南東を方位磁石で確認して、
皆で無言のまま食べました。
 
風水などでは、この立春前の節分を、年の変わり目とするので、
新年の誓いを忘れてしまった、僕のような方がいらしたら、
是非ここで、立て直しというのもいいかも知れません。

信心深い親戚に聞いて、針6本と小豆18粒を玄関に置くと良いというので、
早速励行しています。

今年は年男でもあるので、これまで、正月からのこの1ヶ月で、
行った順に
筑波山神社、
大國魂神社、
寒川神社、
亀戸天神、
成田山新勝寺、
乃木神社、
明治神宮に行きました。
まだまだ増えそうです。

ご利益があるといいですね。あらためて良い一年になりますように。
では、また。

(櫻井)

このアーカイブについて

このページには、2016年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年1月です。

次のアーカイブは2016年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。