「お酒に強い」は英語で何という?

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
beer_toast-450x354.jpg

年末年始は、どのように過ごされましたでしょうか?
私は、実家で家族と過ごしました。

家族全員が揃うお正月が久しぶりで、かなりにぎやかで楽しいお正月となりました。
私の家族はみんなお節料理があまり好きではないため、
子供のころからお正月のお節は簡単なものばかりで、あまり食べたことがありませんでした。
でも、お雑煮はかならず食べます。

私の出身地、群馬県は、濃い目の醤油味のお雑煮です。
地方によって、澄まし汁であったり、丸いお餅であったり様々ですよね。
今年も、母のつくったお雑煮でお正月を迎えることができました。


お正月といえば、お酒を昼間から飲む、なんてことも多いのではないでしょうか?
私もそうでした(笑)
うちの家系はお酒が強い方なので、飲みだすと長いんです(笑)



日本語で「お酒に強い」「お酒に弱い」と言いますが、
英語では「I'm strong」とか「I'm weak」とは言いません。

strong や weak は、お酒の度数が強い(弱い)場合やお酒の分量が多い(少ない)場合に使います。


英語では下記のような感じで表現します。


「私はお酒に強いです」

I can drink a lot.

I have a high tolerance.

※「tolerance」は「耐性」という意味です。ちょっと発音が難しいのですが、
ネイティブも普通に日常で使います。


「私はお酒に弱いです」

I can't drink a lot.

I have a low tolerance.


全くお酒が一滴も飲めないという場合は、

I can't dring at all.

で良いと思います。



お正月太り解消のためか、ここ最近、私の行っているジムは激混みです(汗)
新年会も続きますし、胃も疲れると思いますので、
皆さまご自愛くださいませ。


2016年も、翻訳のACNを宜しくお願いいたします。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/181

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2016年1月14日 11:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「挨拶親父」です。

次のブログ記事は「雪景色雑感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。