2016年1月アーカイブ

「今日は寒いですね」を英語でいうと?

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
ここ最近寒い日が続いていますね。沖縄での降雪観測のニュースにも驚きました。
001.jpg
沖縄の方が雪に喜んでいる姿がとても印象的でした。

天気の話題は、会話の始まりやきっかけ作りに使う方も多いのではないでしょうか。
英語でもそれは一緒で、「今日は寒いですね」「雪が降るみたいですね」など
会話のきっかけにすることも多いと思います。

そこで、天気の表現について少しですが、書いてみます。

「晴れ」「曇り」「雨」などそれぞれについて、その程度によって言い方が変わると思います。
雨でも霧雨、土砂降りなど一通りではないですよね。

英語でもそれぞれ程度に合わせて言い分けられたらスマートではないかと思います。


【晴れ】

sunny(明るく晴れた)

clear(快晴の)

fair(天気が良くなる、晴れる))


【曇り】

cloudy(曇りの)

gloomy(どんよりした)

overcast(空一面が雲で覆われた)


【雨】
rainy(雨の)

showery(にわか雨の)

drizzly(霧雨の)

stormy(暴風雨の)


【雪】

snowy(雪の)

sleety(みぞれの)


【暑い】

hot (暑い)

warm(暖かい)

scorching(焼けるように暑い)

【寒い】

cold(寒い)

cool(涼しい)

chilly(ひんやりする)

freezing(凍えるように寒い)



上記のような表現を応用したりして、会話のきっかけ作りにいかがでしょうか。

例えば、



It's freezing today, isn't it?
(今日すごく寒いですね)

I heard it would snow this evening.
(今晩、雪が降るみたいですよ)



のような感じです。


東京はまた明日から、天気も悪くなり、寒くなるみたいです。
今年はインフルエンザの流行もこれからみたいなので、
体調管理に気を付けたいですね!

今年初めての映画はコレ!

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。

今シーズンは例年に比べとそんなに寒くありませんでしたが、
1月半ばくらいから一気寒くなってきましたね。
東京では18日にかなり雪が降りました。
みなさんも風邪などひかぬよう暖かくしてお過ごしください。

私は先日のお正月休みに映画を1本観てきました。
その映画とは「007 スペクター」です。封切りから1ケ月、
なかなか行く機会に恵まれずようやく観ることができました。

007シリーズは、皆さんご存じだと思いますが、毎回いろんなロケ地で
撮られており、それだけでも観る者を楽しませてくれる映画だと思います。
本作でもう4度目、今回もジェームス・ボンド役はダニエル・クレイグです。
すっかりボンド役が板についた感じです。
本作の監督はアメリカン・ビューティを撮ったサム・メンデスです。

やっぱりアクション映画はいいですね。もう冒頭のメキシコシティから
迫力の爆破シーンで、ボンドがあやうくビルの下敷きになりそうになります。
前作やその前の作品にも伏線があり、それらを観ていた方はより楽しめます。
あまり内容に触れると、ネタバレしてしまいそうなので自粛します。

007といえば、ボンドカーとボンドガール、この二つは外せません。
スペクターのボンドガールはダブルキャストで、モニカ・ベルッチと
レア・セドゥ。どちらも大人の色気を感じさせる魅力的な女性です。
レア・セドゥは、「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」にも
出演していたそうです。

今回のボンドカーはアストンマーチンDB10。
アストンマーチンはイギリスの至宝といわれれるくらい、ラグジュアリーで
スポーティな車を作っているメーカーです。
本作では「バックファイアー」ボタン(後ろに炎を噴射する)や
「エアー」ボタン(パラシュート付きの運転席射出機構)など、
ただ速いだけではなく、度肝を抜かれるようなすごいファンクションが装備されていました。

いろんな面で楽しめる007シリーズ、これからもずっと続いてほしい映画だと思います。


雪景色雑感

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
翻訳ACNの櫻井です。images.jpg

今年もはや1月下旬になりました。
行く、逃げる、去るの1月、2月、3月は本当に、
あっという間です。
新年の誓い(New year's resolutions)も、忘却の彼方に、
行ってしまった感のある、わたくしの今日この頃です。

今週の月曜日の朝は、ここ東京の交通網は雪で大混乱でした。

朝4時に起きて、娘が修学旅行で沖縄に飛行機で行くため、
車で娘の友達も乗せて、羽田空港へ向かいました。

翌日雪の中でチェーンの装着をするのがいやだったのですが、
前日の夜、降りしきる雨の中でチェーンを装着するのも億劫だったので
だらだらしていると、
妻が「(チェーンを)取るのは簡単だけれど、(雪の中で)付けるの大変だよ。」
ということばに、嫌々ながら付けに行って、
本当に良かったです。

翌日、我が家のあたりはいちめんの銀世界。車のタイヤも半分近くまで、
雪に埋まっていました。

手前味噌ですが、準備が見事に功を奏して、
久しぶりに妻に心から(笑)、感謝しました。。

チェーンのおかげですいすいと羽田空港で娘たちをおろし、
自宅に戻ったのが7時50分。

本来なら出勤時間です。慌てて身支度をして、
家を出ると、自宅近くのバス停は長蛇の列。

仕方なく雪道を駅まで歩きましたが、
ご想像のとおり、靴の中はびじょびじょ・・・。
体は汗でびしょびしょ・・・。

電車には意外にすんなり乗れたのですが、急行で一駅5?6分の、
次の下北沢駅まで45分・・・。
身動きがとれないのでコートも脱げません、
さらに体からは汗が噴出し、まるでサウナの中にいるようでした。

途中で同じ車両の女性が意識を失って倒れこんでしまい、
慌てて皆でシートに座らせて、別の女性が介護してくださいました。

電車を乗り換えるため、乗り換え駅のホームに向かうと、
今度は駅のホームへの入場制限です。
ホームには人が溢れかえっています。

ディズニーランドにも勝る、人、人、人の列。
一歩間違うと、線路に落っこちそうです。

会社に着いたときは10時をゆうに過ぎていました。
出社が午後になった社員もおりました。

自然の力には人間は無力ですね。
今年もどうも宜しくお願い申し上げます。
では、また。

(櫻井)

「お酒に強い」は英語で何という?

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
beer_toast-450x354.jpg

年末年始は、どのように過ごされましたでしょうか?
私は、実家で家族と過ごしました。

家族全員が揃うお正月が久しぶりで、かなりにぎやかで楽しいお正月となりました。
私の家族はみんなお節料理があまり好きではないため、
子供のころからお正月のお節は簡単なものばかりで、あまり食べたことがありませんでした。
でも、お雑煮はかならず食べます。

私の出身地、群馬県は、濃い目の醤油味のお雑煮です。
地方によって、澄まし汁であったり、丸いお餅であったり様々ですよね。
今年も、母のつくったお雑煮でお正月を迎えることができました。


お正月といえば、お酒を昼間から飲む、なんてことも多いのではないでしょうか?
私もそうでした(笑)
うちの家系はお酒が強い方なので、飲みだすと長いんです(笑)



日本語で「お酒に強い」「お酒に弱い」と言いますが、
英語では「I'm strong」とか「I'm weak」とは言いません。

strong や weak は、お酒の度数が強い(弱い)場合やお酒の分量が多い(少ない)場合に使います。


英語では下記のような感じで表現します。


「私はお酒に強いです」

I can drink a lot.

I have a high tolerance.

※「tolerance」は「耐性」という意味です。ちょっと発音が難しいのですが、
ネイティブも普通に日常で使います。


「私はお酒に弱いです」

I can't drink a lot.

I have a low tolerance.


全くお酒が一滴も飲めないという場合は、

I can't dring at all.

で良いと思います。



お正月太り解消のためか、ここ最近、私の行っているジムは激混みです(汗)
新年会も続きますし、胃も疲れると思いますので、
皆さまご自愛くださいませ。


2016年も、翻訳のACNを宜しくお願いいたします。


このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。