漫画「Case Closed」の日本名は?

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
今年も残すところあと2か月をきってしまいました・・・

先日、ハロウィンがありましたが、今年は土曜日だったので、
20150902_edo_main.jpg
都内はかなりの盛り上がりだったようですね。

私は普通に出かけていたのですが、
街を歩いていると、顔だけゾンビの人がいたり、
スーパーマリオのクッパが電車で移動していたり(笑)、
面白い光景をたくさん見られました。

日本はコスプレ文化の発祥でもあるので、
世界中から注目されているそうです。
わざわざハロウィンに合わせて日本に旅行にくる外国人観光客も多いみたいですよ。

日本の文化といえば、漫画、アニメ、ゲーム、などの文化が特に海外から人気だと思います。

以前の仕事で同僚に外国人が数人いたのですが、
その中に日本が大好きで日本人と結婚して働いている男性2人がいました。

その2人から聞こえてくる会話は、100%ゲームの話であり、
カラオケに歌うと、残酷な天使のテーゼなどアニソン祭りです。

生まれてきた子供には、「鋼の錬金術師」から、「錬」という名前を付けていました。

漫画やアニメを通して日本に興味をもってくれるのは、
日本人としてもうれしいですよね。

日本の誇るべき文化の1つだと思います。


日本の漫画やアニメは、翻訳されて海外でも販売されていますが、
タイトルもローマ字で表記されるだけではなく、まったく違うタイトルで販売されることも多いようです。


例えば、下記のそれぞれの日本語タイトルがわかりますか?


?Fist of the North Star
?JoJo's Bizarre Adventure
?Fullmetal Alchemist
?Case Closed
?Attack on Titan
?Sgt. Frog
?The Return of Lum





正解は・・・



?北斗の拳 (Fistは拳という意味です)
?ジョジョの奇妙な冒険
?鋼の錬金術師(Fullmetalは和製英語です)
?名探偵コナン
?進撃の巨人
?ケロロ軍曹
?うる星やつら



英語から推測できるものもあれば、まったく違うタイトルになっているものもありますね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/172

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2015年11月 5日 17:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【受験生】 (student preparing for an exam)」です。

次のブログ記事は「ハーフマラソン (Half marathon)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。