2015年10月アーカイブ

【受験生】 (student preparing for an exam)

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆様、こんにちは。plan288_受験生5.png
翻訳ACNの櫻井です。

10月も残すところ数日。週末は、先週のメールマガジンでもご紹介しましたが、
Trick or treat! ハロウィーンですね。

ハロウィーンが終わると11月、今年もあと2ヶ月です。
 
我が家には、受験生が一人おりまして、あと数ヶ月後が勝負の時です。
彼は今年の5月に引退するまで、ひたすら中学から5年半、
陸上一筋に打ち込んできて、勉強が二の次でしたので、
さてさて間に合うのか。。
 
彼は学校の試験は範囲が決まっているので(一夜漬けで)、
何とかそれなりの点数は取れるのですが、模擬試験となるとボロボロで、
特に英語がとても苦手でした。
 
でも何とか英語を苦手科目から得意科目にしたいと、
決意が固いようなので、今年の6月からずっと、
私の帰宅の遅い日を除いて、夜9時30分から11時30分まで、
2時間みっちり英語の勉強やり直しに付き合うことにしました。
 
私の英語の勉強法は、自己流ですが、常々「音読」が大事、そして発音できない単語は、
その意味すら理解できないと思っているので、ひたすら高校の教科書や、
模擬試験に出てきた長文を、音読させることにしました。
 
発音が違っていたり、すぐに意味が口から出てこない英単語は、
その場で矯正、辞書を引かせて、再度発音させる。
 
そして、文章は出来るだけ頭から意味をつかむという訓練を続けています。
 
20有余年ぶりの受験英語の勉強開始でした。
関係代名詞もすっかり忘れていました。。
 
Tom's brother who lives in Tokyo is an engineer.
Tom's brother, who lives in Tokyo, is an engineer.
 
さて、この2つの英文で、Tomの兄弟は、Tomのほかに一人しかいないのは、
どちらの英文でしょうか?
 
そうですね。
正解は、2番目の文章です。関係代名詞の制限用法、
非制限用法で出てきますので、ご興味のある方は、ぜひ調べてみてください。

人に教えると、自分の理解度が確認でき、さらに知識が深まります。
当たり前のことながら新鮮な発見でした。
 
ただ、ときどきこんなこともわからないのか!と、
怒ってしまう自分が居て、息子にはちょっと言い過ぎたかな・・・と、
反省しながら、あと数ヶ月、
 
Practice makes perfect.
継続は力なりで彼が続ける限り、付き合おうと思っています。
 
ただし、二時間ぶっとおして、英語を音読し、昼間はずっと、
仕事で英文とにらめっこをしていると、英語嫌いになりそうです(笑)。
 
では、また。
(櫻井)

Happy Halloween!

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。
ここ数か月、寒いうちに体を作ろうとトレーニングに励んでおります。
予定が無い日はジムに行くようにしているものの、行けるのは週2回が限度・・・
7cace7d1a3f208574797fb1b606049b1.jpg

最近月に何回かはトレーナーについてもらい厳しく指導してもらっています(汗)

トレーナーの次の日は、立つのも座るのもやっとなほどの筋肉痛に襲われていますが、
肩こりがなくなったり、体が調子よくなってきました!
運動の大切さを身をもって感じているこの頃でございます。


さて、10月といえば、ハロウィンの季節です。
ここ何年かは、日本でも一大イベントになっていますよね。

USJのハロウィンイベントがすごいようなので、一度は行ってみたいですが、
お化け屋敷が苦手で一度も入ったことのない私が、足を踏み入れてもいいものか・・・(笑)
相当怖いらしいですからね!

ハロウィンは、アメリカの文化であるような印象が強いですが、その起源は、
ヨーロッパの民俗行事で、今日イメージするハロウィンは19世紀以降に
アメリカで広まったものだそうです。

そもそもハロウィンとは、万聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の
前夜祭のことで、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。

古代ケルト民族は、1年の終わりを10月31日と定め、その夜を死者の祭としました。

それは死者の霊が親族を訪れる夜であり、また悪霊が横暴し、子どもたちをさらったり、
作物や家畜に害をなす夜でもありました。

死者の霊を導いたり、悪霊を払いさったりする為、仮面を被り、
魔除けの焚き火を焚いていたそうです。

これにちなんで、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて
「Jack-o'-lantern」を作り、

魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねては
「Trick or treat.」と唱え、もしお菓子がもらえなかったら、
報復の悪戯をしてもいいとか。


ハロウィンは仮装して盛り上がるお祭りではなく、このような起源があるんですね。


今年仮装の予定はありますか?
私は、準備は、ほぼ整いつつあります(笑)


今年の10月31日は土曜日です!
まあ、東京の街中はすごいことになるでしょう・・・

女性専用車両 (women-only train car)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。index_img02.jpg
翻訳 ACN の櫻井です。

毎朝通勤で利用する電車の時間が決まっている、固定されていると、
平凡な毎日なのですが、意外といろいろなドラマにめぐり会います。

会社までは3本の電車を乗り継いで通っているのですが、
自宅からの最寄り駅で乗る電車と、2番目に乗る電車への乗り継ぎの関係で、
最初にのる電車は、いつも最後尾から2両目の車両です。

そうしますと、下車すると2番目に乗る電車が近い。

でも、なぜ2両目に乗るのか。そうです、最後尾車両は、朝9時30分まで、
「女性専用車両」(women-only train car)なのです。

今朝のドラマは、お年寄りの男性が、ちょっと顔を赤らめながら、最後尾車両と、
僕の乗っている車両の間の連結部分のドアをガッとこじあけて、こちらに入ってきました。

ご自分で気づかれたのか、あるいはその女性専用車両に乗車している
女性の一人に注意されたのか。それは定かではありませんが、
男性はさらに女性車両から遠くへ、遠くへと、この朝の混雑した電車のなかで、
人の迷惑かえりみず、その歩みを止めません。

果たして、女性車両内で、何が起きたのか?
What happened?
想像力をかきたてます。
That stimulates my imagination.

そうこうするうちに、2つ目の電車にのる乗換駅につきました。
すると女性車両のドアが開き、中から、190センチくらいあるでしょうか、
巨漢の外国人男性が、のっし、のっしと水牛のように、
ゆっくりと出てくるではありませんか。

ぽっちゃり顔(puffy face)で、ちょびひげ(little mustache)生やして。。

さて、この人は、あのお年寄りとは、態度がぜんぜん違います。

彼は、女性車両ということを知っていたのでしょうか?
確信犯でしょうか?
あるいは、まわりの女性は誰も彼に注意しなかったのでしょうか?

"Excuse me, sir. This is a women-only train car, so
would you mind moving to the next car?"などと、
注意されたけれども、彼が理解できなかったのでしょうか?
あるいは英語の通じないイタリア人だったのでしょうか?
それとも、次で降りますからと片言の日本語で、うまく言い訳されたのでしょうか?

There must be a difference that makes the difference.
この男性二人の女性車両における違いを生んだ違いがきっと、
あるに違いない。。

今朝は、このドラマの謎に悩みながらの出社です。

では、また。
(櫻井)

海外でファーストフード

| コメント(0) | トラックバック(0)

翻訳ACNの飯塚です。
早いもので10月に入りました。ここ数日で急に気温も下がり秋めいてきましたね。
-e1291719093534-300x225.jpg

先日、友人と話していたことなのですが、
この友人、一人旅が好きでちょくちょく海外に出かけています。
しかし、英語がほぼできません(汗)

その友人いわく、英語ができない人にとって、
海外で、普通のレストランに入るより、ファーストフードに入るほうが難しいのだそうです。

レストランであれば、メニューをもらって、
食べたいものを指さし、「This one, this one... please」でほぼ完了します。
お会計も、伝票が出てくるので、その額を支払えばOKです。


しかし、ファーストフードの場合、

ここで食べるか、テイクアウトか?
サイドメニューは?
ドリンクは?

などいろいろ聞かれることが意外と多いのです。

日本でマクドナルドへ行った時のことを想像するとこれも納得です。


マックに関していえば、海外のマックは日本ほど複雑ではないとは思います。
(今はもしかしたら変わっているのかもしれませんが・・・(汗))

セットメニュー(英語ではmealまたはvalue mealといいます)には、
番号がついているので、

I'd like to have number 3, please.
Number 3, please.
(3番のセットをください)

などといえば大丈夫です。


サイドメニューは1種類が多いと思いますので、その場合、
次に聞かれるのはドリンクでしょう。


Drink?
What drink would you like to have?
(ドリンクは何にしますか?)

などと聞かれるので、「(ドリンク名), please.」 で大丈夫です。


そして最初か最後に、

For here or to go?
(こちらでお召し上がりですか?テイクアウトですか?)

と必ず聞かれますので、 For here (店内)か To go (テイクアウト)か答えます。

最後に、

Would you like anything else?
Anything else?
(ほかにご注文はありますか?)

と聞かれます。

もう無ければ、

That's all.
That's it.
No, I'm good.
(以上です)

などと答えると、お会計になります。


海外のファーストフードの店員さんは
日本ほどにこやかでもなく(笑)、話すのもかなり早いです。

メニューの写真を活用したりして、チャレンジしてみるといいと思います。


海外でファーストフードに入ることはあまりないかもしれませんが、
全世界にあるファーストフードチェーンでも、国によってメニューが違うので
意外と面白いです。

マックだけではなく、スターバックスも海外での限定メニューもありますし、
タンブラーも限定のものがあります。


私も、海外でマックやスタバにも行ったりしますが、
注文の時は、やっぱり緊張します。


もし機会があれば、ぜひ試してみてください!

司会(MC)

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。1024.jpg
翻訳ACNの櫻井です。

10月に入りました。自宅の近所を歩いていると金木犀の香りが漂ってきます。
芳香剤の代名詞のような存在になってしまったその可憐なオレンジの花が
秋の訪れを感じさせます。

金木犀の開花は、木々の剪定をする合図と聞いたことがあります。
週末は高枝切りバサミで、夏に伸びきった枝に大鉈をふるわねばなりません。

さて、先日縁あって司会を頼まれ、
300人近い招待客のいる前で司会をやらせていただきました。
I was asked to MC at a big party.
I had to lead the event as MC.

来賓の中には、テレビでよく見かける方もちらほら。
それらの方々をご紹介して、一人ひとりから、スピーチをいただきます。

こんなとき重要な問題は、来賓の肩書き、そしてお名前を間違えては
大変な失礼になります。入念に準備してその場に臨みましたが、

なんとある方の所属されている大学名を間違えてしまいました。
「日本」という読み方、皆さんはどのように読まれていますか。

その方は、日本●●大学の理事長をされている方でした。
私が「にほん」●●大学とお読みして、壇上に上がり特に表情も変えず、
スピーチが始まり、中盤スピーチもなけなわのころに、その方が、

「わたくしども、にっぽん●●大学では、・・・先ほど司会の方が
"にほん"と言われましたが、"にっぽん"です。にっぽん●●大学です。
よく覚えておいてください。」とスピーチの中で指摘されてしまいました。

次の瞬間、頭の中が空っぽになり、内心パニックになってしまいました。
スピーチの後にお詫びのコメントを入れることも出来ず、ただただ慌てて、
しどろもどろ・・・。

その後数分間のことはあまり記憶がありません。

あれほど準備したのに後悔先に立たず。
関係者の方がいらしたら改めてお詫び申し上げます。

5年後にはオリンピックがやって来ます。
おそらくいろいろな場面で、「日本!、日本!」の応援の声が聞かれることでしょう。

そのたびに今度の失態を思い出しそうです。
では、また。

(櫻井)

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年9月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。