BBQ

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。翻訳ACNの櫻井です。imgfd6fd1e4zikezj.jpeg

梅雨真っ只中ですが、皆様お元気ですか。まもなく7月、
夏休みの予定は決まっていますか。

先日父母が田舎から上京し、父がBBQ好きなので
家でBBQをしました。
このBBQ、検索してみるといろいろ出てきます。

語源は、西インド諸島の先住民であるタイノ族の肉の丸焼き用
の木枠を指す言葉が、「丸焼き」を意味するスペイン語のbarbacoaに転化し、
英語圏ではBBQ(cueがQに置き換わる)やB.B.Q.、Bar-B-Cue、Bar-B-Q
と略されることがあるとのこと。

西インド諸島ということはカリブ海ですね。
なんとなくテキサス辺りの陽気なアメリカ人の発明かなと
思っていたら意外でした。

なんと日本バーベキュー協会なる団体も存在し、同団体では初級に始まり上級、
はたまたバーベキューを生業とするバーベキューマスターという称号
までもあるそうです。興味のある方は同団体のホームページをご覧になって
みてください。

最近では手ぶらで行って、現地で食材から機材まで調達出来て、
そのまま手ぶらで帰ってこられるバーベキュー場も増えてきていて、
BBQ好きにはたまりませんね。先日小さな子どもがいる友人一家と行った
東京湾に面した葛西臨海公園のBBQ場は、海の近くなので、浜辺でカニを取ったり、
公園内にある大観覧車に乗ったり、子どもの喜びそうな施設も
充実しているので助かります。

BBQ協会によるといろいろ流儀、ルールはあるようですが、
我が家ではいたってシンプル、炭を熾して、食材の野菜と肉を切って、
BBQの網に載せて焼くだけです。ただし、我が家の野菜ほぼ自家製です。
ジャガイモ、ニンジン、たまねぎ、サツマイモ、獅子唐にピーマン。
ミニトマトはベーコンで巻いて焼くと美味なのですが、
ちょっとまだ時期が早かったので収穫できず。
あとはお酒があればOKです。

100円ショップで購入した、居酒屋で出てくるようなビールジョッキ、
これお勧めです。自宅で居酒屋気分が味わえます。
これにキンキンに冷えたビールを添えればもう後は言うことはないです。
完璧です。

BBQ、今年はもう2回やりました。ちなみに、バーベキューマスターの称号を
得る受験資格には、上級インストラクター資格を得てから原則として
30回以上のバーベキューの主催が必要だそうです。Like father, like son.
この夏少なくともあと2回くらいはやりたいなと画策しております。

では、また。
(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/153

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2015年6月25日 13:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「英語でナイスショットは?」です。

次のブログ記事は「発熱を英語で言うと?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。