新緑の季節

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
翻訳ACNの櫻井です。

5月も半ばになり、ついこの間愛でていたサクラは、
葉桜となり緑が目に心地よい季節になりました。index.jpg
風も爽やかですね。

田舎からゴーヤの苗をもらいました。
今年も「緑のカーテン」を作って、地球温暖化に歯止めをかけよう!!
とプランターに植えて、そのプランターの上にはゴーヤのつるが伸びていくようにネットを張りました。

今年も準備万端です。他にも我が家では、ミョウガと紫蘇は土の中に根が残っているのですね。
毎年所かまわず勝手に生えてきます。今年もにょきにょき、出てきました。

それとトマト2種類、パプリカ、バジル、茄子、獅子唐を植えてみました。

トマトは去年はなにもしないでほったらかしにしていたら、もこもこと伸び放題になって
足の踏み場もないほどになってしまったので、ことしは脇芽をこまめにとったりきちんと手入れをしようと思っています。

夏にはこれらの野菜を使ってビールに合ういろいろな酒の肴を作るのがちょっとした趣味になっております。
そのためとてもおいしい野菜に育ってもらうため、植物も話かけながら育てると、
それに答えておいしく育つと聞いて励行しています。

そのことをイギリス人の友人に話したら、"You are so superstitious!"と言われました。

そういえば子どものころ、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を読んでからは、
蜘蛛の行く手を阻む障害物があると、どかして進路を作ってさしあげたりしてお助けしています。

黒猫が行く手を横切ると、たとえ車に乗っている時でもUターン出来ればしてしまいます・・・。

電車から墓地が目に入ると、周りの目を気にしながら気づかれないようにそっと親指を隠します。

柳の木の下を通り過ぎるときは息を止めます(柳の並木道では呼吸困難に陥るので大変ですが・・・)。

味噌汁の最後の一滴はお碗に注がないです。つめは夜切らないです。

桃は夜食べないです。などなど、枚挙にいとまがありません。そう、僕はSo superstitious!

みなさんは何かひそかに縁起をかついで励行していること、ありますか?

では、また。
(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/147

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2015年5月14日 17:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「面白い海外の習慣:ミドルネーム」です。

次のブログ記事は「好きな言葉は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。