うっかりはちべえ

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
翻訳ACNの櫻井です。thm302_file.jpg

昨年夏に自宅で育て収穫したゴーヤが、我が家の冷蔵庫の中で、
カチンコチンに凍ったまま眠っています。

会社のスタッフのひとりが休みを取って最近沖縄に行ったとのことで、
急にゴーヤチャンプルが食べたくなり、

自分で作ろうと思い立ち、せっせと支度を開始しました。

さて、たまごをときほぐそうと、とんとんと割れ目をつけて、
そしてボウルにサクッと割るつもりが・・・、

何を思ったか!台所のシンクの角にある、

三角コーナーの中に、「パカリ!」

黄身は崩れず奇麗にコーナーの中に着地しました。

次の瞬間、思わず悲鳴ともつかない絶叫と、その数秒後の自嘲の大笑いの声に、

家族が集まります。家族「どうしたの?」

私「三角コーナーの中に、たまご割っちゃった?。」
家族「なんだぁ、またやったのぉ。」(皆冷たくすぐに立ち去る。)

皆様、ご経験ないでしょうか?
こういう時に限って、たまごは最後の一個だったりするのです。

マーフィーの法則の中にあったか、否か不明ですが、
「落としたり、割り方を失敗したたまごは、冷蔵庫に現存する
最後の一個である確率が高い!」
と作ってみました。

そして急いで、スーパーに駆けこむ!の図でした・・・。

うっかりは、英語ですと、careless mistake、honest mistake、
an innocent mistake、oversight、a thoughtless mistake、
unwitting mistake、near miss などなどいろいろ表現があります。

でもうっかりという言葉を聞くと、
時代劇が大好きだった私は、ドラマの中の水戸黄門の家来、
うっかりはちべえを思い出します。

でも彼、実はうっかり者ではなく、単に食いしん坊なだけで、
黄門様のお供をして、全国各地の名物を見つけるのがうまい、
こと食べ物に関しては、目ざといひとなのでした。

では、また。(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/137

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2015年3月 5日 16:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アナと雪の女王の英語名は?」です。

次のブログ記事は「スポーツジムで英語?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。