海外の面白いバレンタインとは?

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。

つい先日、節分でしたが、皆様、豆撒きはしましたか?
imagesUV4PHO7M.jpg
私はとりあえず年の分だけ大豆を食べました。

先日友人と豆まきの話題になったところ、
地方によっては、大豆ではなく、落花生を撒く所もあるようです。
私は関東生まれの関東育ちなので、
地域によって違うものだなんて思いもしませんでした。

節分は、文字通り「季節の分かれ目」です。
暦の上では、もう春なんですよね。。。

雪の予報も出ていますし、去年も2月に2度も大雪が降っているので、
実際の春はまだまだ先のようです。


2月といえば、「バレンタインデー」というイベントがあります。
女性が男性にチョコレートを渡して、気持ちを伝えるイメージがありますが、
これが日本独特な文化であることは多くの方がご存知だと思います。
ホワイトデーも日本で始まった習慣です。

欧米でバレンタインデートとは、男女関係なく、
大切な人やお世話になった人に愛を贈る日です。
チョコではなく、花やプレゼントを贈ります。

また、お隣りの韓国は、日本と似ている部分が多く、
2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデーがあります。
しかし、韓国には、さらに1ヵ月後の4月14日に
「ブラックデー」という日があります。

「ブラックデー」なんて、なんだか縁起の悪そうな名前ですよね。
でも、実は名前の通りで、
バレンタインやホワイトデーに贈り物を受け取れなかった者や
恋人ができなかった者同士が、
黒い服装で、黒い食べ物を食べる日なのだそうです。

黒い食べ物とは、ジャージャー麺やコーヒーなどです。

しかし、逆に考えると、
この日に黒い服で黒い食べ物を食べている人は、
恋人がいないフリーの人たちであるということなので、
この日をきっかけにお付き合いが始まるというパターンもあるそうです。

最近は日本でも義理チョコの習慣がだいぶ少なくなりましたが、
それでもバレンタイン付近のデパ地下は、女性でいっぱいで、
袋いっぱいにチョコを抱えて出勤する女性もよく見かけます。


今年の14日は土曜日なので、義理チョコが減る分、
本命チョコに力を注げるのでは?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/133

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2015年2月 5日 16:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「移転しました」です。

次のブログ記事は「すみません、ごめんなすって、失礼・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。