2015年2月アーカイブ

アナと雪の女王の英語名は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

翻訳ACNの飯塚です。
あっという間に2月も最終週です。
anna.png
花粉飛散が始まったというニュースもあり、
まだ花粉症ではない私はびくびくするばかりです。

先日2015年アカデミー賞が発表されました。

アカデミー賞は英語だと「Academy Award」になります。

今年の作品賞を受賞したのは
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
でした。

この作品の英語タイトルは
「Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)」
で、そのまま英語が日本語になっていますね。


しかし、映画のタイトルで、
日本語名と英語名が全く違うものも多く見かけます。


例えば、

アナと雪の女王 
『 Frozen 』

カールじいさんの空飛ぶ家 
『 Up 』

スタンドバイミー 
『 The Body 』

ハムナプトラ 
『 The Mummy 』

天使にラブ・ソングを...  
『 Sister Act 』

グリーン・デスティニー 
『 Crouching Tiger, Hidden Dragon 』

レオン 
『 The Professional 』

などなど・・・

ということは、海外の人と映画の話をする時、
日本名を言っても通じないということですよね・・・

他にも、

海外ドラマで懐かしい「ビバリーヒルズ高校白書」シリーズは
Beverly Hills でもわかってくれる人はいますが、
「90210(郵便番号です)」と言ったほうが通じやすかったりします。

「インディー・ジョーンズ」は英語名は「Indiana Jones」となり、
発音が「インディアナ・ジョーンズ」となります。


映画を見に行かれる際には、
日本語タイトルと英語タイトルを見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

スウェットは英語?

| コメント(0) | トラックバック(0)

翻訳ACNの飯塚です。
東京でも雪が降りそうな日も多く、まだまだ寒い日が続いています。
img_index_01.jpg
でも一方では、花粉の飛散開始もアナウンスされました。
今年は昨年以上に花粉が多いらしいので、
私も今年こそは花粉症になるのではないかと今からヒヤヒヤです・・・


デパートなどに行けば、セールのスペースも狭くなり、
春物の入荷が増えてきました。
季節の変わり目は、いろいろお金がかかります(笑)

今年の注目アイテムの1つに、スウェットがあります。
朝の情報番組でも「スウェット男子」なるものが特集されていました。
私も今シーズンだけでも何着か購入しました。

でもこのスウェットは、部屋着のそれとは異なりますのでご注意を?!


ところで、このスウェットですが、これは、和製英語(Japanglish)の1つです。
英語綴りで、「sweat」と表記されている場合も見かけますが、
このままですと、「汗をかく」という動詞に過ぎません。

スウェット上は「Sweat shirt」
スウェット下は「Sweat pants」

です。

フードがついているいわゆる「パーカー」は「hoodie」といいます。
イギリス英語では、ズボンはpantsとは言いませんので、
スウェットパンツは「tracksuit bottoms」というようです。

日本では「スウェット素材」なんていう文言も見かけますが、
Sweat shirtやSweat pantsは汗をかくような運動をするときに着る服だから、
そう呼ばれるのであり、Sweat素材だからではありません。


日本語で「トレーナー」とも言いますが、
それも、英語では、上記のスウェットと同じ言い方で、
「trainer」になると、

アメリカ英語⇒「訓練する人」
イギリス英語⇒(trainersで) 運動靴

となります。

洋服の用語では、雑誌などを見ても、カタカナ語が多いので、
英語をカタカナにしたものに思われがちですが、
実はそのほとんどが和製英語です。


日本語の「ジャンパー」は、イギリスですと「セーター」を意味しますからね。


あと「ズボン」は・・・


どんどん長くなってしまうので、
今日はこの辺で(笑)

すみません、ごめんなすって、失礼・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)
yomiuriland 010.JPGこんにちは。
翻訳ACNの櫻井です。

遊園地。
バレンタイン間近で混雑は予想していましたが、そこで期間中毎夜
開催されるイルミネーションがとても奇麗だというので、家族で行ってみました。

案の定、
カップルばかりでした。中学三年生の娘曰く、
「家族連れなんていないじゃん。リア充(*1)ばっかりじゃん。」
「なに、リア充って?」などといながら。
*1  リア充(リアじゅう)とは、リアル(現実)の生活が充実している人物を指す
2ちゃんねる発祥のインターネットスラングで、若者言葉でもある。

夕暮れまではアトラクション三昧とばかりに、ジェットコースター中心に、
乗ろうとしましたが、どれも行列で結構な待ち時間。

立春と過ぎたとはいえ、まだまだ気温は一ケタ台、結構冷えます。

並んでいるとお腹がすくので、並びながら代わる代わる、食べ物を売店で買ってきます。

ポップコーンだったり、フランクフルトだったり。

戻ってくるときには、また列に割り込むことになるので、
いろいろな礼儀作法、挨拶などを観察することができます。

なにも言わずに列にぐいぐい入り込んでくる人。
会釈はするが無言の人、
「すみません」と声をかける人、
ごめんなすってとばかりに手刀を切る人などなど。

この手刀。東アジアでは日本特有のものらしく、特に人混みへ入っていく場合には、
手刀をやりつつやや腰をやや屈め気味に しながら「すみません」
「前を通ります」などの言葉を添えて通る場合が多い。・・・(中略)

近年は衰退気味の習慣だが、今も中高年層を中心になされている。
なお、軽い感謝・お願い・謝罪の意思を表す時も片手で手刀状にすることがあるが、
これは合掌が簡略化されたものである。"とあります。

うちの娘は、無言会釈派でした。
僕は、手刀派。やはり中高年の部類に入ってしまっていました。

やっとジェットコースターに乗ると、あたりはもう闇夜ですが、
無数の電飾ならなる、赤、青、緑、オレンジ、水色の色、色、色。
アトラクションは、電飾の光の中でキラキラ輝き
幻想的な光の世界が目の前に出現でした。

すると、一見して外国人と分かる男女3名が、近づいてきて、
女性が「Excuse me、あっ、すみません?!Picture、写真とってください。」と、
なぜか二ヶ国語で、スマホを僕に差し向けたので、すかさず娘に渡して、
シャッターを押させると、

「Thank you. どうもありがと。」
音声が無いのが残念ですが、独特の外国人日本語イントネーションで、
お礼を言われました。連れの2人は、深々と一礼。

そうか、こういうときも Excuse me.でいいんだ。でもあの最敬礼のような、
挨拶はまだ日本に来て日が浅いのかななどと思いながら、
冬の夜は更けました。

では、また。 

海外の面白いバレンタインとは?

| コメント(0) | トラックバック(0)
翻訳ACNの飯塚です。

つい先日、節分でしたが、皆様、豆撒きはしましたか?
imagesUV4PHO7M.jpg
私はとりあえず年の分だけ大豆を食べました。

先日友人と豆まきの話題になったところ、
地方によっては、大豆ではなく、落花生を撒く所もあるようです。
私は関東生まれの関東育ちなので、
地域によって違うものだなんて思いもしませんでした。

節分は、文字通り「季節の分かれ目」です。
暦の上では、もう春なんですよね。。。

雪の予報も出ていますし、去年も2月に2度も大雪が降っているので、
実際の春はまだまだ先のようです。


2月といえば、「バレンタインデー」というイベントがあります。
女性が男性にチョコレートを渡して、気持ちを伝えるイメージがありますが、
これが日本独特な文化であることは多くの方がご存知だと思います。
ホワイトデーも日本で始まった習慣です。

欧米でバレンタインデートとは、男女関係なく、
大切な人やお世話になった人に愛を贈る日です。
チョコではなく、花やプレゼントを贈ります。

また、お隣りの韓国は、日本と似ている部分が多く、
2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデーがあります。
しかし、韓国には、さらに1ヵ月後の4月14日に
「ブラックデー」という日があります。

「ブラックデー」なんて、なんだか縁起の悪そうな名前ですよね。
でも、実は名前の通りで、
バレンタインやホワイトデーに贈り物を受け取れなかった者や
恋人ができなかった者同士が、
黒い服装で、黒い食べ物を食べる日なのだそうです。

黒い食べ物とは、ジャージャー麺やコーヒーなどです。

しかし、逆に考えると、
この日に黒い服で黒い食べ物を食べている人は、
恋人がいないフリーの人たちであるということなので、
この日をきっかけにお付き合いが始まるというパターンもあるそうです。

最近は日本でも義理チョコの習慣がだいぶ少なくなりましたが、
それでもバレンタイン付近のデパ地下は、女性でいっぱいで、
袋いっぱいにチョコを抱えて出勤する女性もよく見かけます。


今年の14日は土曜日なので、義理チョコが減る分、
本命チョコに力を注げるのでは?

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。