2014年1月アーカイブ

スーツ

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。翻訳ACNの飯塚です。
ここ最近、特に寒い日が多いですよね・・・
suits.jpgのサムネイル画像


先日、厄除けというものに行ってみました。
棒の先に白い紙のようなものがついたお祓い棒でバサバサとやられることを想像していましたが、
それは宗派によっても異なるようで、
私が行った場所では、何とも厳粛な雰囲気で行われていました。
有名な場所だったので、混んでましたけどね・・・


話は変わって・・・
私は、時々、たぶん年に1?2回とか、海外ドラマにどハマりするのですが、
昨年秋くらいから「SUITS」というドラマにハマっていました。
年末には、BSで一挙放送もしていたようです。
まだまだアメリカの方でも継続中のドラマなので、今はひたすら新シリーズのDVDが出ることを
心待ちにしているところです。

これは、弁護士事務所の物語なのですが、優秀な弁護士と、経歴を偽って、
でも特殊な能力のある若手弁護士を中心にさまざまな事件に立ち向かっていくというお話です。
弁護士事務所のドラマは、アリー・my・ラブなどアメリカでも多くありますが、
このSUITSの魅力は、社会人として勉強になることが多いことではないかな、と思います。
主人公の何気なく発する言葉に、「そうだよな?」と関心したり、自分もそうしてみよう、と見直すきっかけになったり・・・
ストーリーの面白さだけではなく、人間関係や仕事との向き合い方について、勉強になるドラマなのです。
あとは、字幕で見ることで英語の勉強にもなりますよ。ちょっときたない言葉も多いですが(笑)、
気の利いた言い回しも多く登場するので、面白いです。

最近は、Huluなど、レンタルショップに行かなくても、映像を見られる機会が増えましたが、
レンタルショップでジャケットを見たりして物色することも私は好きです。
最近は、ジム・ジャームッシュの映画をよく見ます。今一番ハマっている監督です。
この監督の作品はストーリーはもちろんなのですが、映像がとにかくかっこいいのです。
ジョニー・デップなど有名俳優も出演している作品も多いですし、もし機会があればぜひご覧になってみてください。

年初めの忙しい時期に、映画やドラマで別世界へ逃亡(笑)なんていうのも1つの気分転換かもしれませんね!


(飯塚)

| コメント(0) | トラックバック(0)

2014年はスポーツ盛りだくさんimages2.jpg

こんにちは。

翻訳ACN の櫻井です

 

1月も後半戦。寒い日が続きますが皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

 

寒さに凍えながらも、植物をよく観察すると新芽が芽吹き始めて、黄緑色の小さな葉を発見すると季節は今年もまた着実に移ろっているのを感じます。コートにマフラーを来て朝駅まで歩いていくと汗ばんでしまったりということも増えてきました。日の入りもだいぶ長くなってきた感がありますね。

 

今年はスポーツの大きなイベントがいろいろありますね。まずは来月のソチオリンピック、そして6月のブラジルでのサッカーワールドカップ。来月のソチ五輪は、スキージャンプやフィギュアスケートなどに、メダルの期待される日本人選手もいて活躍がとても楽しみです。

 

子どものPTAの仲間でやっているソフトボールチームも、そろそろ活動開始です。カラダ作りを開始しないといけません。でも寒いとついつい日課の走り込みと筋トレをさぼってしまいがちです。

 

趣味のレベルだと目標とモチベーションを維持するのはやはり難しいです。その点やはり一流選手は半端ではない。そこがわれわれ凡人との違いなのでしょう。年末年始にイチローのインタビュー番組を見ましたが、その中で彼が表現する自分の気持ち、モチベーションなどが、わかるような、わからないような、わたくしにはあまりよく理解できない言い回しが多々ありました。

 

ただ感じたのは40過ぎた今でも若いときからの日課を続け、絶えず前向きに挑戦しているということでしょう。

 

今年40代で迎えるレギュラーシーズンを彼がどのように過ごしていくのか。それを見ていくのも、ひとつのロングランスポーツイベントとして、非常に楽しみです。いちおう同じ40代として、興味津津です。

 

プロ野球のキャンプインも間もなくです。この寒い時期をどのように準備したかで、春からの結果が違ってくるのでしょう。道端にある木々の葉のようにいまは春に向けての準備の時期。静かにけれど着実に春が近づいています。

 

(櫻井)

Gravity

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
毎日寒いですね。外に出るとまるで冷蔵庫に入っているような感じになります。
風邪やインフルエンザもはやっているようですので、皆さんお気をつけ下さい。

ゼロ・グラビティ」観てきました。一言で感想を言うと、かなりユニークな映画だと思いました。初めから終わりまで、ほぼサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの二人しか出てきません。
131017_gratop.jpg
ストーリーは、NASAのスペースミッションに参加した医療技師ライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)が、衛星補修の船外活動中にロシアにより破壊された衛星の破片が自分たちの機材に衝突したことにより宇宙空間に放出されてしまいます。その後、さまざまな障害を克服しながら地球に帰還するという内容です。

不運にも宇宙ゴミの衝突によりストーリーが展開していくのですが、実際に地球の周回軌道上には使用済みになった衛星やロケットの残骸、破片等、いろんなゴミが存在しているそうです。

この映画は宇宙が舞台なので、周囲の音も聞こえませんし、会話は無線、呼吸も酸素もボンベを介さないとできません。もちろん重力もありません。
宇宙空間は普通の人は経験しえない世界ですが、おそらく実際に行ってみるとこんな感じになるんだろうという擬似体験できて面白いです。

監督はアルフォンソ・キュアロンです。私はこの監督の作品を観るのは初めてなんですが、今まで味わったことのないような映像表現が随所に見られ、とても新鮮でした。
宇宙船の中や、衛星の破片が宇宙船に衝突するシーンなど「どうやって撮っているんだろう?」と不思議になるようなシーンがたくさんありました。メイキングを見たところ、この映画のために開発されたカメラや機材によるものということでした。撮影には最新の技術が投入されているようです。

この映画の世界観は3Dじゃないと十分堪能できないようです。これからご覧になる方は3Dでご覧になることをおすすめします。


明けました!

| コメント(0) | トラックバック(0)
images.jpg
こんにちは。翻訳ACNの飯塚です。
2014年初めての更新となります。
遅くなってしまいましたが・・・

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします!
皆様は、どのようなお正月休みを過ごされましたか?
海外や国内でご旅行をされた方、家でのんびり過ごされた方・・・
心身ともにゆっくり休養は取れましたでしょうか?
私は、実家にちょっと帰りましたが、ほぼ東京でのんびり過ごしていました。
1泊だけ、弾丸で温泉旅行にも行きました。
その日に突然決めて出発し、行きながら宿を取るという・・・
無事楽しんでまいりました!

友人に聞いたのですが、韓国では、数え年の制度が採用されていて、
1月1日になると一斉に1つ年をとるのだそうです。
1月生まれも、12月生まれも、1月1日がくれば年をとるんだそうです。
「数え年」というのは年齢の数え方の1つで、これを採用しているのは今では韓国だけとか・・・
日本は「満年齢」なので、誕生日に1歳プラスされ、生まれた年は0歳です。
厄払いなどに行くと、お札にかかれるのは数え年なので、満年齢よりも1つ年上の数字が記載されます。
数え年は、0歳がなく、生まれた年が1歳なので、
例えば、同じ1984年生まれでも日本人は、今年30歳になりますが、韓国人は31歳になります。
韓国人のスターがテレビで、「韓国だと○歳になります」みたいな言い方をすることがありますが、
そういうことだったんですね。

さあ、2014年のスタートです。
体調を崩されている方(私も含め(汗))が多いようですが、今年1年が良い年となりますよう頑張りましょう!


(飯塚)

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。