おもてなし

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは。翻訳ACNの飯塚です。

オリンピックの東京招致が決定しましたね!ACNも東京赤坂にあるのでうれしい限りです。

1369966642_photo.jpgのサムネイル画像

7年後・・・東京がどんな風になるのか今から楽しみです。

それにしても滝川クリステルさんのフランス語での「おもてなし」スピーチは見事でした。

国際オリンピック委員会(IOC)での公用語は英語とフランス語ですが、世界の趨勢とは異なり、

フランス語が第一公用語とされているそうです。

そのため、開閉会式でのアナウンスも、フランス語が最初に流れますし、各国のプラカードにもトップに表示されるのはフランス語の国名です。


各プレゼンターの英語でのスピーチも良かったですよね。日本語というのは抑揚が無い言語とよく言われます。また、日本人が英語で何かを伝えるとき、発音やすらすら言うことに意識が言ってしまいがちなのですが、英語では抑揚がものすごく大切なんです。相手に伝えたい言葉を強く言ったり、感情によって抑揚を変えたり・・・。そういう意味で、佐藤真海さんのスピーチは魅力的だったと思います。抑揚とそれに伴うジェスチャーによって、感情がすごく伝わってきましたよね。

YouTubeで見られるのではないかと思います。ぜひ一度ご覧になってみてください。


そういえば、先日テレビで、日本のおもてなしについて、外国人観光客にインタビューをするという企画をやっていました。外国人が日本に来て、感動したことは何か・・・


ウォッシュレット、食券販売機、自動販売機が街中にあること、飲食店にある店員さんを呼び出すボタン等・・・ハイテクな日本のおもてなし技術に驚いている人が多いようでした。

食券のシステムは、私の周りでも驚く人が多いです。

また、かっぱ寿司の新幹線がお寿司を運んでくるシステムにも感動している外国人が多いようでした。たしかにあれは、面白いですよね(笑)。

私たち日本人にとっては、日常に溶け込んでいてあたりまえになっていることですが、外国人にとっては意外なことがおもてなしになっているというのも興味深いですね。


最近、朝や晩ははおり物が必要なくらい涼しくなってきました。

体調を崩しやすい時期ですので、皆様お気をつけ下さいね。




(飯塚)


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/84

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2013年9月18日 11:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京オリンピック2020」です。

次のブログ記事は「さんまの美味しい季節」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。