2013年8月アーカイブ

ハマってます

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは。翻訳ACNの飯塚です。
お盆休みも終わり、多くの方がいつも通りの生活に戻っていらっしゃることと思います。
kga565.jpgのサムネイル画像
皆様、良い夏休みをお過ごしになりましたでしょうか?

最近、あまちゃんと半沢直樹がかなり話題ですよね!
私は・・・完全に乗り遅れました。ある日食事に行ったとき、店内で「○倍返し」という言葉が頻繁に聞こえてきて、ドラマの人気を改めて感じたところです(笑)。

私はというと、最近は、Huluなど動画を見ることにハマっています。
Huluだと、ここのところ、「勇者ヨシヒコ」です。人に勧められて見たのですが、
これが面白い!!
低予算ドラマらしいので、作りはだいぶ雑ですが(笑)、そこが面白さでもあり、何より、ゲストが豪華なんですよね。つい笑ってしまうので、外で見るのは危険ですが・・・
ドラクエが実写版になったようなストーリーで、何も考えずに笑えるような内容なので、
もし機会があればぜひご覧になってみてください。

もう1つハマっているのが、「バナナTV」です。これは、テレ朝動画で無料配信されているのですが、
とにかくこの番組の大ファンになってしまい、Tシャツを購入してしまったほどです(笑)
バナナマンがゆる?い旅をする番組なので、とにかく面白いです。

韓国編、ハワイ編、パリ編、LA編など、次々に配信されていて、DVDにもなっているので、
海外旅行好きの方にも、そうでない方にもおすすめです。

今や、気軽に家庭や携帯で動画を見られるとは、
本当に便利になりましたよね!

まだまだ暑い日が続きますので、皆様体調にはくれぐれもお気をつけ下さいね!
残り少ない夏を楽しみましょう?!

(飯塚)

雷雨

| コメント(0) | トラックバック(0)
imagesCAPQRPVM.jpg

雷雨

 こんにちは。残暑お見舞い申し上げます。
 翻訳 ACN の櫻井です。

 夏の風物詩である高校野球、世界陸上で連日記録ラッシュが続いていますが、お天気も然りですね。昨日は高知県四万十市の江川崎(えかわさき)観測所で摂氏 41.0 度を記録しました。これは 2007 年 8 月 16 日に埼玉県熊谷市で記録された 40.9 度を上回り、6 年ぶりの記録更新、日本の観測史上の最高気温です。人間の平均体温よりも 5 度も高いことになります。

 翻訳 ACN があります東京赤坂でも 30 度を越える日が続き、昼休みに赤坂界隈を、セミの大合唱の中散歩をしますと汗だくになってしまいます。となりにある ANA インターコンチネンタルホテル東京の屋外プールに飛び込みたい気分になります。

 気温が上るとその熱で大気の状態が不安定になり、これまた夏の風物詩である雷が発生します。昨日は四万十川の最高気温などつゆ知らず、定時に会社を出ました。遠くで雷鳴が聞こえましたが、特に気にもせず、普段どおりに駅まで歩いて向かいました。

 すると段々雨脚が強くなってきました。駅について改札を抜け、ホームに辿り着くとお盆で人が少ないはずなのに、かなり混み合っていました。電車が来たので飛び乗り、いつもどおりに小説を読み出しました。

 小説に夢中になっていて気付きませんでしたが、発車はしたものの電車が動いていないことがしばらくしてわかりました。車内放送で落雷による影響で安全点検のため、電車のつまりが起きているとのこと。ただしそんなにたいしたこともなさそうだと暢気に構えていました。でも、いっこうに前に進みません。

 ようやく自宅のある駅まであと 3 駅のところまで辿り着いたときには、電車に乗ってから 2 時間くらい経っていました。いつもは 30 分かかりませんので、4 倍以上の時間を要しました。今年1月の大雪の中、東名高速での大渋滞で厚木から半日かけて帰宅したのに続き、今回の落雷による電車の大幅遅延。自然の力を思い知らされております。

二度あることは・・・。では、また。
(櫻井)


「長岡まつり大花火大会」

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。

暑中お見舞い申し上げます。東京地方は例年に比べると、梅雨に戻ってしまったかのように、曇天の日が多かったですが、ようやく本 格的な夏が来たようです。

夏といえば、やっぱり「花火」ですよね。

先週末、新潟の長岡まつり大花火大会に行ってきました。日本三大花火大会の一つと言われている大規模な花火大会です。

打ち上げられる花火の数は1日あたり約1万発で、毎年8月2日と3日の両日に開催されています。打ち上げ場所は信濃川流域の広大な河川敷。河川敷はもちろん、その周囲からも広範囲に鑑賞できます。花火を間近に感じたければ、有料の鑑賞席もあります。

打ち上げられる花火のバリエーションも多く、ナイアガラと呼ばれるタイプは橋の下側を利用して花火を真下に向けて点火し、火の粉を滝のように見せます。こんな花火を東京あたりで行なうのは難しいでしょうね。Tenchijin_Fireworks_at_Nagaoka_Festival_2011.JPG

そして、この花火大会の目玉は「フェニックス」と呼ばれる、超ワドでゴージャ  スな花火です。

これは、2005年に新潟を襲った中越大震災、大雪、水害からの復興を祈願して作られ、それから毎年打ち上げられている花火です。これだけを目当てに来ている人も少なくありません。

この何が凄いかといえば、通常の花火は1箇所から打ち上げられますが、フェニックスは数百メートルずつ距離をおき6箇所もあります。そのため、河川敷で見ると、ワイド過ぎて、首を左右に振らないと全部見られないほどです。

しかも頭の上に花火が降ってきそうほど一度にたくさん打ち上げられます。

花火用の曲として平原綾香さんのジュピターが使われており曲と花火のコラボも絶妙でした。花火の中にはフェニックス(不死鳥)が現れるという、まさに圧巻の花火です。

ほかにも正三尺玉など伝統のある素晴らしい花火もありますが、さすがにこの迫力にはかないません。 

近年急速に花火の世界にもコンピュータが導入されており、打ち上げのタイミングの正確性や音楽との同期等、人の手だけで行われていた以前とは違い、不可能とされている打ち上げ手法が可能となり、よりエンターテイメント性が高くなっています。

来年もこの花火大会はちょうど週末に開催されます。まだご覧になったことのない方はぜひ来年は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。