電気自動車に乗る

| コメント(0) | トラックバック(0)
800px-Nissan_R'nessa_EV_001.JPG
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
梅雨と台風の影響でこのところぐずついた天気が続いています。梅雨が明けると、いよいよ暑い夏の到来ですね。

先日電気自動車に試乗する機会がありました。
普通のクルマしか乗ったことのない私にとって、これはとっても新鮮な体験でした。まず、最初に驚いたのが、室内がとっても静かなこと。ノイズの最大の原因であるエンジンがないので当然なんですが、ちょっとびっくりするくらいです。近頃のクルマはアイドリングストップ機能が付いているので、普通のガソリン車でも信号待ちや渋滞で停車するとエンジンが切れるので静かなんですが、電気自動車は走行中もずっと静かです。そのため助手席に座っている人との会話もクリアにできます。

そして、発進時からきびきび走れるんです。普通のクルマはアクセルを踏み込み、エンジン回転の上昇に比例してパワーが出るのですが、電気自動車はスタート時からパワーがリニアに出るのだそうです。そのため、発進時のもっさり感がなく走れるのです。

減速時には「ヒューン」という独特な音がします。回生ブレーキといって、モーターを発電機として作動させ、運動エネルギーを電気エネルギーに変換しつつバッテリーに回収、発電時の回転抵抗をブレーキとして利用します。スマートですね。ムダがありません。電車のシステムもまさにこれと同じで、さながら電車のフィーリングをクルマで体感しているようです。

走れる距離ですが、一度フル充電すると、250キロほど走れるそうです。通常の使い方であれば、不自由を感じることもなさそうです。わざわざガソリンスタンドに行かずとも自宅で充電できますし、遠出しても充電スタンドは全国的に拡大中です。
電気自動車は今でも街でもちらほら見かけますが、それが多数派になる日は遠くなさそうです。

(吉井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/71

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2013年6月21日 15:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コリアンタウン」です。

次のブログ記事は「家族ゲーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。