お香

| コメント(0) | トラックバック(0)
CONES.jpg
こんにちは。
翻訳ACNの櫻井です。

平年よりも10日も早く関東地方は入梅となりました。今年もじめじめしとしと鬱陶しい季節とのしばしの格闘の幕開けです。梅雨は日本では北海道と小笠原諸島を除き、ほぼ全域でみられ、おとなりの韓国、中国南部そしてインドも含めた東アジアで広く見られる気象現象です。

 この季節、本当に過ごしづらいものです。身近なところでは、曇天のため洗濯ものを外に干すという判断ができにくくなり、結果室内に干して乾きにくくなり、さらに部屋の中も湿度が高くなり、じとじとしてくる。すると気持ちもなんとなくすっきりしない、ストレスが溜まるといった具合に悪循環となります。

 そんな悪循環を断ち切るべく、わたくしのこの季節の必須アイテムはお香です。

 ご存知のように形は、線香型、コーン型、渦巻き型、スティック型などがあり、かおりは多種多様です。ストックしてあるものをその日の気分で選びます。点火する時間は、朝だったり、夜だったりこれも気分でさまざまです。お香が好きで街を歩いていて、扱うお店を見つけるとついつい寄らずにはいられません。近所のアロマショップにも四季の変わり目には品揃えが変わったりするので寄り道します。
行く先々のお土産屋などで販売しているものを買ってくるのも楽しみです。伊豆半島に行くときは、必ず寄るのが、ウブド(http://www.ubudizu.com/index.html)というアジアの小物雑貨を扱うお店です。常にお香のかおりが店内にただよっていて、リラックスできるような気がします。

ウブドではお香はスティックとコーン型を中心に多数おいてあります。お香を固定する香炉も、アジアンな感じのガナーシャを象ったものや、カエルや動物をあしらったものなど、眺めているだけでも楽しくなってきます。
これから約1ヶ月から1ヶ月半、今年もお香で梅雨を乗り切ります。人間には過ごしにくい季節ですが、動植物には恵みの時ですね。紫陽花の青、赤、紫そして緑の色のコントラストがとても綺麗です。そしてよく見ると、そのコントラストに紛れて小さな雨蛙がいたりします。

寒暖の差が激しいときでもありますので、皆様体調にはお気をつけください。どうぞ元気に梅雨を乗り切りましょう。では、また。

(櫻井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/69

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2013年6月 4日 14:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベスト盤」です。

次のブログ記事は「コリアンタウン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。