2013年6月アーカイブ

家族ゲーム

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
翻訳ACN の櫻井です。

梅雨真っ只中ですね。雨に濡れる紫陽花がとても奇麗です。

早いもので今年も半分が過ぎ去ろうとしています。巷では2013年下半期のあなたの運勢、仕事運、恋愛運はこうなる!?などの言葉が飛び交い、テレビ番組はドラマを中心に第二クールの始まりですね。テレビはあまり見ないのですが、先日終了した「家族ゲーム」は息子の友達のパパがプロデューサーをしていた作品だったこともあり、それこそ家族揃って毎週楽しみに見ていました。

「家族ゲーム」というと、わたくしは、亡くなった松田優作主演だった1980年代前半に公開された映画版を思い出します。小学生くらいでしたので記憶があまり定かではない部分もあるのですが、家族がバーや寿司屋のカウンターに座るように、横一列に並んで食事をするシーンがとても印象的でした。松田優作のとぼけた、人を小ばかにしたような演技も思い出します。

今回の櫻井翔主演のそれでは、横並びの食事シーンはありませんでしたが、毎回父親役の板尾 創路と家庭教師役の櫻井がサウナに入って語りあうシーンがありました。こどもの教育、進学、学校といじめ、家族の絆など毎回考えさせられるテーマが散りばめられ、最終回にむかって、家族が壊れていく様は、我が家をつい省みてしまいました。

ただ最終回を見終わっても、なんだか狐につままれたような、あれこれ疑問に近いものが残りつつ、続編もありかな?と感じました。最終回で父親(板尾)が再就職先を探して訪れた企業の担当者役として、30年前の映画版では中学生の沼田 茂之を演じた宮川一朗太が応対するシーンがあり、時の流れを感じ、うまい演出だなと思ってしまいました。
 
何年か後には櫻井翔ではなく、松田優作の二人の息子のいずれかが演じるかも・・・などと期待しつつ、おそらく近々DVD化されるでしょうから、見逃した方、ご興味のある方は、ご購入あるいはレンタルビデオ屋さんにGo!です。

では、また。


電気自動車に乗る

| コメント(0) | トラックバック(0)
800px-Nissan_R'nessa_EV_001.JPG
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
梅雨と台風の影響でこのところぐずついた天気が続いています。梅雨が明けると、いよいよ暑い夏の到来ですね。

先日電気自動車に試乗する機会がありました。
普通のクルマしか乗ったことのない私にとって、これはとっても新鮮な体験でした。まず、最初に驚いたのが、室内がとっても静かなこと。ノイズの最大の原因であるエンジンがないので当然なんですが、ちょっとびっくりするくらいです。近頃のクルマはアイドリングストップ機能が付いているので、普通のガソリン車でも信号待ちや渋滞で停車するとエンジンが切れるので静かなんですが、電気自動車は走行中もずっと静かです。そのため助手席に座っている人との会話もクリアにできます。

そして、発進時からきびきび走れるんです。普通のクルマはアクセルを踏み込み、エンジン回転の上昇に比例してパワーが出るのですが、電気自動車はスタート時からパワーがリニアに出るのだそうです。そのため、発進時のもっさり感がなく走れるのです。

減速時には「ヒューン」という独特な音がします。回生ブレーキといって、モーターを発電機として作動させ、運動エネルギーを電気エネルギーに変換しつつバッテリーに回収、発電時の回転抵抗をブレーキとして利用します。スマートですね。ムダがありません。電車のシステムもまさにこれと同じで、さながら電車のフィーリングをクルマで体感しているようです。

走れる距離ですが、一度フル充電すると、250キロほど走れるそうです。通常の使い方であれば、不自由を感じることもなさそうです。わざわざガソリンスタンドに行かずとも自宅で充電できますし、遠出しても充電スタンドは全国的に拡大中です。
電気自動車は今でも街でもちらほら見かけますが、それが多数派になる日は遠くなさそうです。

(吉井)

コリアンタウン

| コメント(0) | トラックバック(0)
800px-Kimuchi_yokocho_higashiueno_tokyo.JPG
こんにちは。翻訳ACNの飯塚です。
関東地方も先月早い梅雨入りが発表されましたが、
降りませんね?雨。今週になって少し天気が悪くなってきているくらいでしょうか・・・。
晴れが続くのは嬉しいですが、水不足は、私達の生活にも影響しますからね。

そして梅雨が明ければ、夏休みがやってきます。
皆様、ご予定はもうお決まりですか?

今年の夏は海外に行かれる方も多いようですね。
ハワイ、韓国・・・私も期待ばかりが膨らんでいきます(笑)

そういえば、弊社がある赤坂にもコリアンタウンがあります。
リーズナブルなお店から高級なお店まで本当にたくさん。
私は韓国料理が大好きなので、何度か私もランチや仕事の後に行ったことがあります。
どこのお店も本格的でおいしいです。

新大久保も韓国フードなどを買いによく行くのですが、
赤坂は、新大久保よりは人が少ないので、食事を楽しむにはおすすめです。
新大久保にもあるお店もあるのですが、赤坂なら並ばずに入ることができると思います。

そして、最近気になっているのが、カンジャンケジャン。
ワタリガニのしょうゆ漬けだそうです。
先日見たDVDでかなりおいしそうに食べているのを見て、
蟹がそこまで得意ではない私でさえ食べたくなりました。

そして、韓国の有名店が赤坂にもあるらしいのです。
これは、行かなくては・・・・!

有名家電量販店もオープンしましたし、赤坂はますます賑わっていくのでしょうか。

でも・・・
弊社からはちょこっと歩かなければいけない距離なんですけどね・・・。

蒸し暑い日が続いていますが、体調を崩しやすい季節でもありますので、
皆様、体調管理にくれぐれもお気をつけ下さいね。


(飯塚)

お香

| コメント(0) | トラックバック(0)
CONES.jpg
こんにちは。
翻訳ACNの櫻井です。

平年よりも10日も早く関東地方は入梅となりました。今年もじめじめしとしと鬱陶しい季節とのしばしの格闘の幕開けです。梅雨は日本では北海道と小笠原諸島を除き、ほぼ全域でみられ、おとなりの韓国、中国南部そしてインドも含めた東アジアで広く見られる気象現象です。

 この季節、本当に過ごしづらいものです。身近なところでは、曇天のため洗濯ものを外に干すという判断ができにくくなり、結果室内に干して乾きにくくなり、さらに部屋の中も湿度が高くなり、じとじとしてくる。すると気持ちもなんとなくすっきりしない、ストレスが溜まるといった具合に悪循環となります。

 そんな悪循環を断ち切るべく、わたくしのこの季節の必須アイテムはお香です。

 ご存知のように形は、線香型、コーン型、渦巻き型、スティック型などがあり、かおりは多種多様です。ストックしてあるものをその日の気分で選びます。点火する時間は、朝だったり、夜だったりこれも気分でさまざまです。お香が好きで街を歩いていて、扱うお店を見つけるとついつい寄らずにはいられません。近所のアロマショップにも四季の変わり目には品揃えが変わったりするので寄り道します。
行く先々のお土産屋などで販売しているものを買ってくるのも楽しみです。伊豆半島に行くときは、必ず寄るのが、ウブド(http://www.ubudizu.com/index.html)というアジアの小物雑貨を扱うお店です。常にお香のかおりが店内にただよっていて、リラックスできるような気がします。

ウブドではお香はスティックとコーン型を中心に多数おいてあります。お香を固定する香炉も、アジアンな感じのガナーシャを象ったものや、カエルや動物をあしらったものなど、眺めているだけでも楽しくなってきます。
これから約1ヶ月から1ヶ月半、今年もお香で梅雨を乗り切ります。人間には過ごしにくい季節ですが、動植物には恵みの時ですね。紫陽花の青、赤、紫そして緑の色のコントラストがとても綺麗です。そしてよく見ると、そのコントラストに紛れて小さな雨蛙がいたりします。

寒暖の差が激しいときでもありますので、皆様体調にはお気をつけください。どうぞ元気に梅雨を乗り切りましょう。では、また。

(櫻井)

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。