ベスト盤

| コメント(0) | トラックバック(0)
Record.jpg
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
この前、買い物に行ったとき、ちょっと時間があったので、CD屋さんに寄ってみました。CDをネットで当たり前に買うようになって、どれくらいたつでしょう。お店に行くのは久しぶりです。

店内のレイアウトで洋楽と邦楽にコーナーが分けられており、まったく普通なのですが、一つ驚いたことがありました。
洋楽コーナーの売り場面積の3割くらいのスペースがいろんなアーティストのベスト盤で占められていたのです。

最近はロック、ポップス、R&B、ジャズ等、たくさんのベスト盤がリリースされているんですね。もちろん、アーティストにもそれなりのキャリアがないとベスト盤は出せませんが、解散したバンドや、すでにリタイアしたりして、今はもう活動していないアーティストのベスト盤も結構ありました。

それらの多くは80年代?2000年初頭あたりにリリースされた曲を集めているようです。私がちょうどそのくらいから洋楽を聴き始めたのですが、その頃よく聴いていたアーティストのベスト盤もいくつも見つけました。あの頃は今よりも断然イギリスの音楽に勢いがあったなとか、当時の出来事とかいろんなことを思い出しました。

音楽好きにとって、ベスト盤はそのアーティストのヒット曲ばかりを集めた、いわゆる「おいしいとこ取り」で邪道と言われたりしますが、ヒット曲満載で1枚1,000円くらいだと、つい食指が動いてしまいます。あるジャズの大御所プレーヤーのベスト盤は4枚入りで1,000円という信じられない値段で売られていていました。しかもアルバム8枚分が入っているという充実ぶりです。こんなに安く売っていいの?とこちらが不安になってしまいます。

興味のあるアーティストの曲をお試しで聴いてみたいという方には、ベスト盤はいいかも知れませんね。レコードは持っているけど、またCDで買いたいと思われる方やそのアーティストの曲を聞いたことがない若い世代にもアピールすることでしょう。多くがリマスタリングされているので、音のクオリティもなかなかです。
ビートルズのように、いい音楽はそれが例え昔に作られたものでも、全然古さを感じさせませんし、今聴いても十分楽しめます。音楽って素晴らしいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/68

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2013年5月23日 16:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夢の国」です。

次のブログ記事は「お香」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。