シュガーラッシュ

| コメント(0) | トラックバック(0)
shugerrush.jpg
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。サイトはこちらです。
早いもので、もう4月も半分が過ぎようとしています。転勤や進学、就職などで環境が変わられた方は、そろそろ馴染んできたころでしょうか。

先日「シュガーラッシュ」を観てきました。いま上映中の「ドラゴンボール」に次ぐ人気だそうです。ディズニー映画ということもあり、子供向けの映画なのかな、なんて最初は思っていたのですが、なかなかどうして大人も十分に楽しめる映画でした。

アニメではなく、カーズやトイ・ストーリーでお馴染みのディズニー製作のフルCG映画です。ゲームセンターにあるアーケードゲームのキャラクターたちにスポットを当てている点がユニークです。
昔懐かしいパックマンも出てきます。営業が終わったゲームセンターでそのゲームに登場するキャラクターたちが、それぞれのゲームの枠を超えてパーティーしたりするなんてなんだか夢がありますよね。
トイ・ストーリーでは実際のおもちゃ達が活躍しますが、この映画はそのビデオゲーム版という感じでしょうか。動くために電気とプログラムが必要なバーチャルなキャラクター達が活躍します。

主人公のラルフは「フィックス・イット・フェリックス」というゲームの中で毎日ビルを壊しましまくる悪役を演じるのが仕事なのですが、同じゲーム内のキャラクター達からは嫌われています。ある日、ラルフはいつもみんなからちやほやされているそのゲームのスターキャラ、フェリックスに嫉妬してしまい、自暴自棄になるところからストーリーが始まります。

リアルな世界の生身の人間ではなく、ゲーム中のバーチャルな世界で生きている2次元なキャラクターたちですが、観ていても自然に感情移入できます。友情や仲間を思いやる気持ち、勇気を持つことの大切さを子供にわかりやすく伝え、そして、大人でも楽しめるエンターテイメントに高めている本作は素晴らしいと思いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/65

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2013年4月24日 09:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「チョコレートブレイク」です。

次のブログ記事は「黄金週間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。