炊飯器がすごい

| コメント(0) | トラックバック(0)
Electronic_rice_cooker_with_scoop.jpg
こんにちは。

普段家で何気なく使っている白物家電ですが、最近のそれはかなり進歩しているようです。キッチンで毎日使っている炊飯器もまた然りです。
我が家で数年前から使っている炊飯器ですが、最近どうもご飯がうまく炊けないような気がして、先日思い切って買い換えてみました。それまで炊飯器についての知識は皆無だったのですが、新しくする機会に少し調べてみました。

現在売られている電気炊飯器は大きく分けると3つに分類され、マイコン方式とIH方式、IH圧力方式があるそうです。
それぞれ良い点、悪い点はあるようですが、圧力方式はもしかして、実家で母が使っている、圧力鍋のあの圧力? 圧力鍋は通常の鍋よりも食材を短時間で美味しく、かつ栄養の損失も少なく調理できるという理想の鍋です。炊飯器のIH圧力方式というのは、その論理を応用しいるものであるということがわかり、早速購入しました。

最新モデルだけに、ご飯の炊き上がりも好みの硬さを選べますし、なんと「おこげモード」!もあるのには驚きました。

早速お米をといで、炊飯開始です。記念すべき初炊きは「もちもちモード」を選択してみました。
炊き上がりは期待を上回る素晴らしい炊き上がりでした。おかずはいらないといったら
大げさですが、本当にご飯だけでもいけるくらいの美味しさでした。

しかも保温しても、ご飯が全然臭いませんし、美味しい状態をキープできるんです。
毎日使うものだけに、これは良かったです。久しぶりにいい買い物ができました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/56

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2013年2月12日 18:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゲキ×シネ」です。

次のブログ記事は「春遠からじ・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。