2012年11月アーカイブ

フルマラソン

| コメント(0) | トラックバック(0)
つくばマラソン.jpg
こんにちは。翻訳会社ACN(東京都港区赤坂)の櫻井です。

一昨日、茨城県つくば市で開催されたつくばマラソンに参加しました。今年で3年連続3回目の出場です。種目はフルマラソン、42.195キロです。この大会はつくば市にある筑波大学を中心とするいわゆるつくば学園都市を走ります。コースに高低差がほとんどないので、好記録がでる大会です。ただし今回は、8月から続く左肩から手のひらまでの痺れ(おそらく五十肩)と、9月にソフトボールの試合で盗塁した際に痛めた右ひざという爆弾を抱えての参加となりました。念のため整形外科に行ったら、そこの院長さんもマラソンランナーで全国津々浦々を走りぬいているらしく、「このくらい問題ないよ。出るなっていってもどうせ出るんでしょ。」と言われてしまいました・・・。
 案の定、練習不足で思ったようにスピードに乗り切れず惨憺たる結果でしたが、なんとか完走はしました。マラソン始めて5年目になりますが、スタートしてゴールまでの果てしない道のりを最後までたどり着いたときの達成感が次ぎへの活力になります。マラソン始める前までは、40キロも走り続けるなど絶対に無理、時間の無駄、体の酷使など、ネガティブなことばかりがマラソンへのイメージでしたが、始めてみてこんなに簡単に楽しめるスポーツはないなぁと実感しています。普段自動車でしか通れない道路を通行止めにして走るのもとても痛快です。また沿道で応援してくれる方々とのちょっとした交流、挨拶や手を振ったり、ハイタッチをしたりなどの些細なことですが、これらも結構楽しいです。
 ご存知のように英語でマラソンは、marathon、今から2500年くらい前の古代ギリシャのマラトンの戦いまでさかのぼります。この戦いでアテネに勝利を伝えるために、一人の兵士が伝令として走りぬけて力尽きたという逸話が本当かどうは別にしても、古代オリンピアにまで想いをはせ、秋深まる木々をめでながら、街路を駆け抜けるのは心地よいものです。
 次回は来年2月の青梅マラソンです。Practice makes perfect. また走りこみ開始です。
 
(櫻井)

食欲の秋

| コメント(0) | トラックバック(0)
Okirikomi.jpg
こんにちは!翻訳ACNの飯塚です。
最近急に寒くなってきましたよね。皆様、体調など崩されておりませんでしょうか?
忙しく、疲れも出やすい年末がやってまいります。
楽しく過ごすためにも体調にはお気をつけ下さいね!

先日、友人の勧めで、はじめてPSYの存在を知りました。世界中で話題らしいですね。
でも曲を聴いたら納得。確実に聞いたことがありました。
韓国人のラップ歌手なのですが、ちょっと太っていて、七三分けのおじさんがかっこよく踊っているPVは確かに釘付けになります(笑)
「江南スタイル」は米ビルボードチャートで2位になったらしいです。

ちなみに江南というのは、韓国で芸能人やセレブも多く住む高級地です。
YouTubeで見られると思いますので、ぜひっ!

話は変わって、先日、ケンミンSHOW という番組を見たのですが、日本は小さい島国とはいえ、
各地独特な食べ物や文化があるんですね。
その日も栃木の「耳うどん」というのが紹介されていて、とってもおいしそうだったのですが、
私が出身の群馬県にも独特な食べ物はあります。東京に来るまで、独特であることに気づかないものも多いですけどね。

同じうどんでいえば、「おっきりこみ」というのがあります。きしめんよりもはるかに幅が広い麺が煮込まれているうどんなのですが、これがまたおいしいのです。
わたしの家でも、冬になるとよく食卓に出てきました。おっきりこみの麺は東京のスーパーでも見かけることがありますよ。
あとは「焼まんじゅう」です。これは私の大好物でもあり、実家に帰ると必ず食べるものです。
イメージとしては、あんこが入っていない薄い素饅頭を串にさして炭火で焼き、味噌ダレをたっぷりつけて食べる・・・という感じです。
特に、「沼田」という場所の焼きまんじゅうは有名で、
屋台で売っている場合でも、「沼田」と書いてあるのを選んだりもします。
東京のお祭りでも見かけたことがあったのですが、味が・・・・違いましたね。

群馬は、草津や伊香保など温泉地ですし、これからの季節、疲れを癒しにぜひ行かれてみてください。
寒いですけど・・・空気も景色もキレイです!

では、また!

元首の交代

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
Obama.jpg
翻訳ACNの櫻井です。

早いもので11月も半ば、今年も残すところ・・・というフレーズが頻出となる今日この頃です。この11月は今週、先週と世界の2大強国、Superpowerにおいて元首の選挙・交代がありました。ご存知のようにアメリカはオバマ大統領の再選。四年前のYes, we can.のような熱狂は伝わって来ませんでしたが、アメリカ国民は彼にもう4年、Four more yearsを託したのですね。この語順、日本語と異なりますね。受験生の皆さんは、勉強の合間についでに連呼して、この語順を覚えてしまうと良いと思います。ほかにもきっと応用できますよ。

さて、お隣の中国では、習近平氏になりそうですね。10年前、胡 錦濤氏が総書記に就任したとき、アメリカのTime誌は、彼の名前フー・ジンタオ (Hu Jǐntao) から Who's who をもじって Who's Hu? という特集をしていたのを思い出しました。さて、習近平氏にはどのような特集が組まれるでしょう・・・。楽しみですね。それにしても、昨日のテレビを見ていて、江沢民氏が胡 錦濤氏のとなりにどっかと座っていらしたのにはびっくりしました。あの方、スターウォーズのジャバ・ザ・ハットをどうしても思い出してしまうのは、私だけでしょうか・・・・。

そしてここ日本でも・・・、昨日も会社から帰ってテレビのニュースを見て、野田首相のなかばやけくそにも聞こえた解散宣言にびっくりしてしまいました。都知事選挙と合わせて12月は、本当に慌しい月、師走になりそうです。そうそう12月はお隣り韓国でも大統領が交代しますね。年末まで世界の動きから目が離せないですね。

朝昼だいぶ冷え込んでまいりました。空気もだいぶ乾燥しております。どうぞ皆様、かぜに気をつけて、元気に年末を乗り切りましょう!

では、Talk to you soon.

(櫻井)

The Expendables 2

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。テープ起こしACNの吉井です。
ダウンロード.jpg
先日エクスペンダブルズ2を観てきました。主演のシルベスター・スタローンは、「ロッキー」と「ランボー」シリーズがあまりにも有名ですが、66歳になった今でもアクションスターとして健在です。

スタローン率いるエクスペンダブルズは傭兵で構成されている集団なのですが、傭兵といわれても一般の方はどんな兵士なのかお分かりになる方は少ないと思います。

簡単にご説明しますと、お金で雇われているフリーの兵士のことだそうです。日本では、あまりスポットライトが当たらない職業ですが、傭兵として海外の紛争地で活躍している日本人も存在するそうです。

本作は前作から2年ぶりの続編になります。私は前作も観たのですが、とにかくアクションシーンがパワーアップしていました。
共演者はジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、チャック・ノリス、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガーと単独でも主役として映画を撮れる俳優がてんこ盛りです。

ただしブルース・ウィリスやアーノルド・シュワルツェネッガー、ジェット・リーの出演シーンはほとんどありませんでしたが。
ネタバレしてしまいますので、ストーリーの詳細は割愛しますが、エクスペンダブルズがある仕事の依頼を受け、簡単だと思われていた任務を遂行中にメンバーの一人がある集団に襲われ、そのリベンジに行くという内容です。

ヒロインにはマギー・チャンが出演、男くさい映像に彩りを添えています。
この秋、アクション映画がお好きな方におすすめの一本です。

芸術の秋

| コメント(0) | トラックバック(0)
A6iYlv5CUAENupT.jpg
こんにちは!翻訳ACNの飯塚です。
あっという間に、今年も残り2ヶ月となってしまいました・・・
最近は朝起きると「寒い!」と感じるようになりましたね。
夏が長かったので、今年は短い秋だったようです。

食欲の秋、芸術の秋・・・いろいろありますが、
皆様は短い秋をどのように楽しまれましたでしょうか?

ハロウィンで仮装をした人も多かったのでは?
31日に渋谷に行ったのですが、そこはどこかのアミューズメントパークなのかと
思うくらい、別世界でした・・・
仮装の人だらけなのです。普通にゴレンジャーやジャックスパロウなどが横断歩道を渡ってきます(笑)
普通の格好が目立つくらいでした。
ただただ楽しそうだったので、来年はちょっと参加してみたいな、と思いました。

最近、観劇をする機会が増えました。
あまり今まで興味がある世界ではなかったのですが、実際に劇場へ行ってみると、
テレビを見ていては味わえない空気感というか、雰囲気が演目によって全く違います。

正直、自分の好みではないな?なんてものにも出会いますが、それも1つの面白さです。

つい先日もミュージカルを観てきました。ゲームが元になっていると聞いていますが、
そのファンの方も多いのでしょう。
私が行ったのは初日でしたが、会場にはコスプレをした人もいましたし、
初日なのに、曲に合わせて独特な手拍子が会場全体から沸き起こるんです。
圧倒されてしまいました。舞台自体も素敵なものでしたが、
その会場との一体感がまたさらに魅力を高めている作品でした。

まだまだ私にも知らない世界があるんだな?と、とても良い出会いをしたような気分になりました。
結果・・・リピートしてしまいました(笑)。

もう秋も終わりですが、今年は芸術の秋を楽しめたように思います。
これから冬のイベントも目白押しです。
そして、年末に向けてお仕事が忙しくなる方も多いかと思います。

体調にお気をつけて、元気に年末まで頑張りましょー!
では、また!

(飯塚)

ホットケーキ

| コメント(0) | トラックバック(0)
George_W._Bush_w_pumpkins_101906.jpg翻訳ACNの櫻井です。

11月に入りました。昨日会社からの帰り道、魔女の格好をした少女が、お菓子を目一杯入れた籠を片手に嬉しそうに歩いていました。隣にはやはり仮装をしたお父さんらしき人が寄り添っていたので、パーティだったのでしょう。ハロウィーン、日本でもだいぶ定着してきたようですね。
さてそのお菓子と言えば、最近こっているのがホットケーキです。スーパーに行くとお店によっては数種類取り揃えておいているところがあります。シロップがついているので、いつもホテルニューオータニ・ホットケーキミックスというのを購入してしまいます。

そのまま包装箱に記載されている作り方で作っても美味しいのですが、こっているのは、これにいろいろアレンジを加えることです。

例えば、ホットケーキミックスの粉に、卵と牛乳を混ぜあわせるときに、一緒に板チョコを湯せんして溶かしたものを加えます。そしてさらに混ぜるとご想像の通り、茶色いホットケーキの生地ができます。それを炊飯器に入れ白米のときと同じように炊き上げてしまいます。しばらくすると丸いチョコレートのホールケーキの出来上がりです。切り分けて、お好みで生クリームやミントの葉を添えたりするとさらに見た目にも綺麗なケーキとなります。混ぜるチョコレートによってビターになったり、甘くなったりします。まだチャレンジしていませんが、苺チョコやホワイトチョコを使っても面白いかもしれません。
くるみやマツの実、ピーナッツのスライスを入れても美味しかったです。自分の好きなものを入れて是非やってみてください。

また、ホットプレートがあれば、ご家族や仲間でそれを囲んでホットケーキパーティも楽しいかもしれません。ホットケーキ(パンケーキ)で有名な帝国ホテル1階にあるお店には敵わないですが、ちょっとしたひと工夫で、お家でも手軽に楽しめます。うちではこうしている、これ入れると美味しいよというのをご存知でしたら、是非お知らせください。ネタが尽きてきたので新規開拓です。

では、また。
(櫻井)

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。