パワースポット

| コメント(0) | トラックバック(0)
bunkou.JPG
こんにちは!翻訳ACNの飯塚です。

すっかり涼しくなり、秋も深まってまいりました。
今年は冬がやってくるのが早いらしい・・・なんて話も聞きます。
秋は、食べ物もおいしいですし、紅葉もきれいですし、一番好きな季節なので、
短いのはちょっとさみしいです。

昨年の秋に、長野県の分杭峠に行きました。

分杭峠は、有名なパワースポットです。
分杭峠は、「健康に良い『気』を発生させるゼロ磁場地域である」とマスコミに取り上げられたことがきっかけで、多くの人が訪れるようになったそうです。
私も確かテレビで見て知りました。

中国の有名な気功師・張志祥が来日した際、分杭峠に「気場」を発見したそうです。
パワースポット「分杭峠」は、日本最古で最大、最長の巨大断層地帯「中央構造線」の真上にあります。
この中央構造線は、九州中央部から四国北部、紀伊半島を通り、愛知県東部から北上して、諏訪湖付近でもう一つの巨大断層のフォッサマグナに分断され、さらに関東地方に続く、陸上部分だけで全長1000kmにも及ぶ大断層ですが、両側の地質の全く異なる地層がぶつかり合っていて、言わば「地球のエネルギーが凝縮されている所」です。

そんないろいろな情報を見聞きしたら、行ってみたくなり、友人とドライブがてら行きました。
長野の山の中なので、道中にきれいな紅葉をみることもでき、とってもいいドライブにもなります。

さすがに、有名なパワースポットというだけあって、車は渋滞しますけどね・・・
でも分杭峠は、神秘的な雰囲気の漂う素敵な場所でしたよ。

パワースポットといわれている場所は、世界中にいろいろありますよね。
私は、まだ分杭峠しか行ったことはないのですが、伊勢神宮や清正の井戸など他にも行ってみたいです。
行楽シーズンの秋です。
皆様、何か予定はありますか?


朝晩、急に寒くなったりしますので、体調には充分お気をつけ下さいね!

では、また?!

(飯塚)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2012年10月12日 09:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハワイアン」です。

次のブログ記事は「金木犀」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。