The Amazing Spider-Man

| コメント(0) | トラックバック(0)
supa.jpg
テープ起こしACNの吉井です。

関東地方も梅雨明けして、いよいよ夏本番です。
先日、久しぶりに映画館に行って映画を観てきました。映画はやっぱり大画面で楽しむのが一番だと思います。
映画スパイダーマンは過去3作が日本でもヒットしたので、皆さんご存じだと思いますが、今回のアメイジング・スパイダーマンは過去の3作とは監督、キャストを一新、新感覚のスパイダーマンに仕上がっています。ちなみに、本当は前作の続きでパート4になるはずが、大人の事情により、その計画が頓挫してしまったようです。


ストーリーは基本的に、いままでの作品を踏襲しているのですが、とにかく3Dの映像表現がとても進歩していました。過去のスパイダーマンは、変身前の平常時はどことなくパッとしなかった(失礼)トビー・マグワイアでしたが、今回は「ソーシャルネットワーク」にもエドゥアルド・サベリン役で出ていた長身でイケメンのアンドリュー・ガーフィルドに変わり、好感度も大幅アップです。


この映画の見所の一つとして、普通の人間では体験することができないスパイダーマン目線の映像があげられます。自らの手からクモの巣を操り出し、ニューヨークを縦横無尽に飛び回るスパイダーマン。「これって一体、どうやって撮ったの?」 と思わせるようなシーン満載です。3Dのスパイダーマンの飛び出し具合もいい感じでした。あわせて、ニューヨークの夜景も堪能できるので、観光的な観点で楽しむのもありかなと思いました。


弊社ではテレビ番組や、映画などのテープ起こしや翻訳もお受けしています。

(吉井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/24

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2012年7月20日 16:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本が世界一?」です。

次のブログ記事は「ついに開幕!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。