金星の太陽面通過

| コメント(0) | トラックバック(0)
日食.jpg
こんにちは!ACNの飯塚です。
今日の東京はあいにくの雨模様です。

今日は、今世紀最後と言われている
「金星の太陽面通過」という現象が見られるみたいですね。

太陽、金星、地球が一直線に並ぶことで起きる現象だそうです。
今、まさに金星が太陽面を通過している最中だそうです。

朝のニュースでも実況されていましたが、大きな太陽の左端くらいから段々と小さな点が現れてくる様子・・・
なんとなくかわいらしく見えました。
金星が小さいのではなく太陽が大きいのだそうです。金星と地球は同じくらいなので、
太陽と比べると地球もあんなに小さいということなんですよね。

金星は、太陽の左から入り、まっすぐ右に抜けます。
でも、地球は自転しているので、金星が山なりに移動していくように見えるのだそうです。

太陽、金星、地球が直線上に並ぶのは、約243年に4回。
次は105年後の2117年12月11日だそうです・・・

それなのに東京は太陽がまったく見えません・・・
この天体ショーは今日の午後1時50分ころまで!
奇跡的に晴れたりしないでしょうかね・・・

ACN は天文学分野の翻訳も得意としています。

そして今バレーボールのオリンピック予選の真っ最中!
スポーツ観戦に全く興味のない私ですが、唯一高校生の頃から見ているのはバレーボール。
毎回主な大会は、期間中1回くらいは会場に足を運びます。
テレビとはまた違う迫力があるので、面白いですよ!

昨日の韓国戦も気持ちよく勝ったので、今日も明日もこのまま調子が続いて欲しいです♪


(飯塚)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soubbs.net/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする

このブログ記事について

このページは、翻訳のACN スタッフブログが2012年6月 6日 16:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「起こすのはテープ?」です。

次のブログ記事は「「早寝早起きのすすめ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。